ホーム > ご家族インタビュー - アズハイム文京白山

ご家族の本音 ご家族インタビュー

母が落ち着いて暮らせるホームが自宅の近くにあった奇跡

「アズハイム」には真剣に相談に乗ってくれる人がたくさんいます。
佐川孝枝様(「アズハイム文京白山」にお母様がご入居)
姉の入院をきっかけに初めて知った“老健”のこと
突如スタートした老人ホーム探し

佐川孝枝様のお母様である久子様は、東京都千代田区飯田橋に生まれ、ご結婚されてからもずっと飯田橋で過ごされました。実家は旅館を経営。旅館で手伝いをしており、ご主人と出会い結婚。専業主婦としてご主人を支え、1男2女の子宝にも恵まれました。自営業をされていたご主人と敷地にビルを建て、貸しビル兼住宅として生活されていましたが、2011年にご主人が他界。2013年には長男様も他界。その後、久子様は長女様と暮らし始めました。

続きを読む
孝枝 様

母は元気でしたが、両目が白内障だったこともあり、5階までの昇り降りが少しずつ大変になってきたようでした。姉が元気だった頃は母をサポートしてくれていましたが、病気になって入院してしまったのです。

孝枝様は「入院する時は私が母をみるわよ。」と伝えていましたが、長女様は、孝枝様に心配させまいと隣に住まれていた従姉様に相談。久子様を老健(※介護老人保健施設)に入居させたことを後日知らされたそうです。

孝枝 様

従姉から聞いた時は驚きと、何で言ってくれなかったの。という気持ちでいっぱいになりました。また、老健というところがどういうところなのか、その知識もなく、母はどんな生活をしているか心配になりました。後から知ったのですが、姉は母を老人ホームに入れて欲しいという意向を従姉に伝えていたようです。

老健は在宅復帰を目的としている施設のため、一般的に入居できる期間が3~6ヵ月と言われており、介護付きホーム(介護付有料老人ホーム)のように住み続けることができません。
老健に入居される際、久子様は従姉様と浅草にある介護付老人ホームを同時に見学されました。

孝枝 様

母に感想を聞いたところ、“ちょっと…”と首を縦に振りませんでした。母としては、自宅から近い千代田区か文京区が希望だったようです。

慣れない老人ホーム探し~見学
馴染めるかどうかを見学で見極める

孝枝 様

姉に頼まれた責任感から、従姉が積極的に老人ホーム探しを始めてくれました。インターネットで探してくれた千代田区麹町と台東区浅草橋にある老人ホームを見学に行くことになりました。
私自身、老人ホームを見学することが初めてでしたが、比較してみるとその雰囲気の違いに驚きました

孝枝 様

1つ目は、施設の規模も入居者も少なくて個別のケアが行き届くセレブな雰囲気が母に合えばいいのですが、自分のペースを大切にする母が馴染めるか心配になりました。

孝枝 様

2つ目は、とても広く、ご入居者も1つ目のホームの倍近くいらっしゃいましたので、ちゃんと目が行き届くのかしらって、まず不安になりました。それから、ご入居者内で仲良しグループが既にできていたようで、私や母がそのグループの横を通ったら、何かボソボソと話され、それを聞いた母が突然『怖っ…』って言いだしたんですよ。どうやら、そのグループのボスのような人が『まだ若いわね』と言ったようでした。若いといっても、母はその当時88歳だったんですけどね(笑)

従姉様がお探しになった2つのホームを見学した孝枝様と久子様。“母が良いなら”とも思いましたが、どちらのホームにも不安要素のあった久子様は首を縦に振りませんでした。孝枝様は、久子様が納得できるホームを見つけるべく、ついにご自身で老人ホーム探しを行うことを決心します。

相談することで助けてくれる人が
たくさんいることを知った。

決心したものの「まず何をどうしたらいいか分からなかった」と孝枝様。
千代田区の特養(※特別養護老人ホーム)にお父様が入居されたお友達に相談。そこで、特養に関しての情報や多くの方が特養に入居するために順番待ちをしていることなどを知りました。

孝枝 様

私自身もインターネットで情報収集をしましたが、疎くって…。見かねたケアマネージャーが知り合いの相談員さんを紹介して下さいました。

全面的に協力してくれたご主人にも何度も助けられました。

全面的に協力してくれたご主人にも何度も助けられました。

紹介して下さったのは、野口さんという女性でした。野口さんは「資料を持ってすぐに伺います。」と仰ってくださり、「よし、私も調べてみよう。」と、苦手なインターネットで探してみたそうです。

孝枝 様

私の条件はなるべく自宅から近くて毎日通える場所にあることでした。従姉からは文京区には有料老人ホームはないという情報を聞いていましたが、実際に調べてみると希望のエリアにアズハイム文京白山があることを知りました。

これが、孝枝様とアズハイム文京白山との出会いでした。

野口さんはすぐに孝枝様の自宅近隣にあるホームをマッピングした資料を持って来てくれました。もちろん、アズハイム文京白山の資料も持ってきて下さったそうです。久子様の退去日が近づく中、慣れない老人ホーム探しに日々追われていたため、その資料を見た瞬間、思わず涙が出てしまったそうです。

孝枝 様

「できれば文京区」「自転車で行ける距離が一番」という条件と母の状態を野口さんに伝えました。親身になって相談に乗って頂き、条件に合うホームを紹介して下さり、本郷のホームとアズハイム文京白山を見学することにしました。母は連れず、まずご主人と野口さんと3人で行くことにしました。最初に見学した本郷のホームは24時間看護して下さるとのことでした。家族としては安心ですが、居室を出たらすぐに談話スペースがあり、一人で過ごす時間も大切にしている母にはアットホーム過ぎるのではないかと思いました。次にアズハイム文京白山を見学しました。その時に出迎えてくれた入居相談員の大友さん。フレンドリーで温かく頼もしい印象でした。

ホームを探す中、入院していた長女様が食道がんで亡くなり、色々やらなくてはいけないことが重なって精神的に参っていた時期だったということで、今でもあの頃を思い出すと涙が出るそうです。

孝枝 様

全面的に協力やサポートをしてくれた主人と一緒に見学をしたアズハイム文京白山は、お部屋も明るくて、今まで見た中でもお部屋が広く感じました。マンション風にできているので施設にいるって感覚が全くなかったので、母を連れて再見学に来ました。自宅から近く、飯田橋のマンションにも通える距離にあるアズハイム文京白山を見学しながら、母に尋ねてみました。「どうかしら?何が一番の望みかしら?」って聞いたところ、母は「お友達ができること」と言いました。「アズハイムはどうなの?」って聞いたら「よろしくお願いします」って言ってくれました。アズハイムの前に見学したホームはどこも「ちょっと…」って感じだったのでね、自分で意思を示してくれたことは、本当に良かったです。

「宜しくお願いします」あの一言が嬉しかったです。
「宜しくお願いします」あの一言が嬉しかったです。

入居後はとにかく焦らず。
サポートしてくれる人を頼ることから。

入居当初はなかなか慣れなかったようで、「この布団では眠れない。」とワガママを言ったこともあったそうです。

孝枝 様

ホーム長に相談したところ、とっても親切に対応してくださいました。とにかく母が穏やかに過ごせれば良いと思っていましたので、家族としては「要望などをどこまで言っていいのかな」と悩んだこともありました。その悩みをホーム長に相談した時に、「何でも言ってください。何でも言っていただくことで、アズハイムのサービス向上に繋がります。お客様の声ひとつひとつがすべて有難いです」と言って下さいました。こちらとしても本当に有難かったです。

いつでも笑顔のホーム長と優しいスタッフに安心して母をお任せしています

いつでも笑顔のホーム長と優しいスタッフに安心して母をお任せしています

母が毎日つけている日記
大切なことを忘れないように書いているようです。

孝枝様は365日、土日も含めほぼ毎日9時にいらっしゃり、10時の体操前にお帰りになるとのこと。「私がずっといるとホームの生活に馴染めなくなってしまうでしょう。こちらの生活にも慣れて欲しいので。」美容院に行ったり、外食に行ったり月に1.2回は外出を楽しまれ、理解あるご主人の協力もあり、お正月は孝枝様のご自宅でお正月を迎えられました。

入居後すぐに、白内障の手術を受けた久子様は視力が1.5まで回復しました。手術前はずっと下を向いて転ばないように歩いていましたが、今は背筋もしゃんとして、ホームでの生活を楽しまれています。自分のペースで生活することもできるようになり、久子様が一番望まれていたお友達もできたようです。

久子 様

お友達ができたことが何よりうれしい。居心地がすごく良いです。今では穏やかな気持ちでゆったり過ごせますよ。

「ここのホーム結構忙しいのよ!」と久子様
「ここのホーム結構忙しいのよ!」と久子様

久子様は朝の体操、午後のレクリエーションなどに積極的に参加されています。お花が好きな久子様は毎月行われる「いきいきフラワー」※フラワーアレンジメントがお気に入りとのこと。また先日参加した染色教室ではてぬぐい染めに挑戦。お習字も楽しまれているとのことでした。久子様の作品は額に入れてお部屋に飾られていて、お部屋が「久子美術館」になりつつあるとのことです。
インタビューの最後に、ホーム長だけでなく、ケアチーフ、ケアマネージャー、ケアスタッフ、入浴スタッフ、事務スタッフの名前を次々に挙げられ、「素敵なスタッフさんがたくさんいらっしゃるんですよ!」と孝枝様。その横で「最高ですよ。皆さん、本当にお優しくてね!」と微笑まれる久子様の笑顔が優しく輝いていました。

久子様のお気に入りは部屋の窓から見えるイチョウの樹と活気のある東洋大学です

久子様のお気に入りは部屋の窓から見えるイチョウの樹と活気のある東洋大学です

アズハイム文京白山のブログ記事

  • 【AH文京白山】安全委員会が開かれ、報告書等の検証や評価を行いました。

    【AH文京白山】安全委員会が開かれ、報告書等の検証や評価を行...

    詳細はこちら

  • 【AH文京白山】月に一度開催される手芸教室☆参加者は、毎回何を作るかとても楽しみにされています♬

    【AH文京白山】月に一度開催される手芸教室☆参加者は、毎回何...

    詳細はこちら

  • 【AH文京白山】ラウンド研修レベル2「感染症予防」「生活支援技術(褥瘡予防・脱水予防)」を行いました。

    【AH文京白山】ラウンド研修レベル2「感染症予防」「生活支援...

    詳細はこちら

アズハイム文京白山インタビュー

アズハイム文京白山のご入居者インタビュー
ご入居者インタビュー
ここでの暮らしで、すっかり元気になりました

馬場昌江様(82歳)アズハイム文京白山 2012年ご入居

詳細はこちら

アズハイム文京白山

アズハイム光が丘
アズハイム光が丘で暮らす両親、入居前に介護サービスを利用
両親ともに要介護、二世帯住宅での生活も限界に
石原澄子様のご両親が「アズハイム光が丘」に入居してから3年半が経ちます。澄子様は三姉妹のご長女。東京・練馬区の二世帯住宅で、澄子様ご夫妻とご長女、ご両親と暮らしていました。
「アズハイム光が丘」には、2013年10月にお母様、その1か月後にお父様が入居されました。
アズハイム横浜上大岡
持病を抱えながらの夫の介護「大変の一言に尽きます」
“スープの冷めない距離”での生活が転機に
「熟睡ができない生活が毎日続きましてね、『私、この先命があるかしら』と思いました」と、自宅でご主人の介護を続けてこられたB様が当時を振り返ります。ご主人が指定難病の大脳皮質基底核変性症と進行性核上性麻痺と診断されたのは平成27年6月のことです。…
アズハイム横浜いずみ中央
母の帰りたい場所が“アズハイム”になりました
インターネットで情報収集してホームを自己採点。「アズハイム横浜いずみ中央」との出会いはご縁です
牧内恭寛様のお母様(90歳)は、現在「アズハイム横浜いずみ中央」に入居されています。2年前に「アズハイム横浜いずみ中央」に入居するまでの12年間は、恭寛様の自宅近くの高層マンションで一人暮らしをされていました。…
アズハイム大泉学園
他ホームを見学してわかったミスマッチ「アズハイムとの出会いは幸運でした」
父の有料老人ホーム入居を機に家族の絆が一層深まりました
岡崎様は「アズハイム大泉学園」に住むお父様(82歳)のもとを毎週1回訪れます。そして、お父様が穏やかに過ごしている様子に「いいところに巡り会えた」と胸をなでおろします。…
アズハイム川崎中央
不安症で難聴の一人暮らしの母。日に日に増える娘への電話
体は元気。精神的に自立していたら一人暮らしを続けられたと思います
老いにともなう不安や焦燥感は程度の差こそあれ誰しも抱くものです。「アズハイム川崎中央」に住むM・M様のお母様は90歳を過ぎてから些細なことで不安になったり心配になったりといった傾向が強くなりました。…
アズハイム中浦和
要介護の義母を最期まで支えた義父、離れて一人暮らしの義父が心配に
2度の心臓手術を乗り越え積極的に生きるために
石田真紀子様のお義父様(88歳)は、2017年3月に「アズハイム中浦和」に入居しました。6年前にお義母様が亡くなり、お義父様は目黒区で一人暮らし、…
アズハイム三郷
リハビリときめ細やかなケアで母が元気を取り戻しました
手足が突然動かなくなり入院、老夫婦二人暮らしが困難に
千葉規恵子様のご両親は東京・足立区内でご夫婦二人暮らしをしていました。美容院を営んでいたお母様の吉田琴様(95歳)は…
アズハイム川越
“外出しやすい”自由度の高さも魅力。母娘で楽しむ外食ランチ
95歳まで自立した生活を続けた母、2度にわたる転倒・骨折で生活が困難に
「お母さん、ここだと自由がきくしいいわね」 傍らにいるお母様にそう語りかける鈴木啓子様。お母様は「アズハイム川越」で暮らし…
アズハイム南浦和
“ここはいいわよ”って、母が私たちにアズハイム南浦和の入居を勧めます
一人暮らしに不安を抱える母、地域包括支援センターに自ら相談
年を重ねるにつれ「それまでできていたこと」ができなくなる状況はストレスを抱えたりやる気や気力を失ったりする原因になります…
アズハイム横浜東寺尾
難聴で人見知りの母。ホームでの生活になじめるか不安でした
3時間置きに痛みを訴える母、娘二人での介護も疲労困憊
2011年2月、高松マツ様(当時95歳)は同居するご長男を急性心不全で亡くしました。母子二人暮らしで頼りにしていたご長男の…
アズハイム町田
近所に出掛けたまま戻らない妻
近くで鳴る救急車のサイレン
2013年8月、早めの夕食を終えた妻・定子様(73歳)が「近所のお友達と会って来る」と出掛けた日のことを安部一義様(76歳)が振り返ります。…
アズハイム練馬ガーデン
今では毎日元気な妻の元に通っています
本人の自助努力の裏にはホームと家族の支えあいが
齋藤馨様の奥様である齋藤美智子様(87歳)がご自宅の近所である「アズハイム練馬ガーデン」に入居されたのは昨年の7月。娘様が離れた地域に住まい…

■EGAOlinkのご案内