有料老人ホームについて

有料老人ホームにはどのような種類があるのですか?

介護付有料老人ホーム 介護付有料老人ホームとは、各都道府県または市町村から「特定施設入居者生活介護(介護付きホーム)」という指定をうけた施設をいいます。日常生活を送るという生活の拠点としての場所ほか、食事・健康管理・健康相談・掃除・洗濯・入浴などを介護サービスとして行います。介護が必要ないという状況で施設に入居したとしても、介護が必要という状態になったときに、事前のケアプラン等を行うことなく介護に入ることができるという施設も多く、こうした施設にご高齢者を預けることはご家族にとっても非常に安心できる施設ですね。有料老人ホームは、老人福祉法によって、食事の提供、その他日常生活上必要な便宜を提供することを目的とする施設で老人福祉施設ではないものという定義があります。
住宅型有料老人ホーム 厚生労働省が定める老人福祉法において、有料老人ホームの3つのタイプのうちの一つで、「訪問介護等の外部サービスを利用するもの」とされています。食事の提供その他日常生活に必要な便宜を供与することを目的とした施設で主に株式会社、医療法人などの事業者が運営をしております。「介護付」とは違い、「特定施設入居者生活介護(介護付きホーム)」を受けておらず、施設のスタッフが介護サービスの提供をすることは原則ありません。基本的には、介護が必要になった場合に、訪問介護・訪問看護や通所介護など居宅サービスの対象となり、外部の介護事業者と別途契約をして介護その他のサービスを受けることができます。
健康型有料老人ホーム 健康型有料老人ホームというのは、文字通り健康なご高齢者が入居するために用意された施設です。食事などのサービスが付いています。健康型有料老人ホームは、介護が必要となった場合、契約を解除し退居しなくてはならないというデメリットがあります。施設によっては、入居したまま訪問介護を受けることができる場合や、介護棟などがあり、そちらへ移るということができる施設もあります。利用条件としては、要介護認定がなく、自立した日常生活を送ることができるなどがあります。高齢となって、一人暮らしに不安を感じる、同じ施設のご高齢者と楽しい老後を送りたいというようなご高齢者が入居されています。介護が必要となった場合には、退居という場合もありますので、介護棟があるか、訪問介護を受けることのできる施設なのか、など、入居時に確認しておく必要があります。最近では健康型有料老人ホームに入居していて、介護が必要となった場合、提携している介護付老人ホームへの転居ができるという施設も少なくありません。こうした提携施設のあるところなら、介護という状態になっても、安心して過ごすことができます。健康型有料老人ホームに入居をお考えになる場合、介護が必要になったときに、どういうふうになるか、ということをよく考え、また入居先のシステムなどをよく聞き、入居することが大切です。

アズハイムを探す

見学のご予約、資料請求、お問い合わせはこちらよりお気軽に。

お電話でのお問合わせ