ホーム > アズハイムを探す > 在宅サービス(デイサービス・ショートステイ)について


在宅サービス

デイサービス

これまでにないデイサービス誕生!

デイサービスセンター3つの特色

1.リハビリ専門職による個別機能訓練

「楽しくなければサービスではない」を合言葉に、楽しみながら継続して行える運動プログラム、その方に合わせた機能訓練を行ってまいります。

2.個別レクリエーション

一日の過ごし方は、多彩なプログラムの中からご自身でお選びいただけます。 「何もしたくないわ」という方も、多彩なプログラムから 興味関心の持てるものをスタッフと一緒に探していきましょう。

3.カルチャー教室

専門の講師をお招きしたプログラムを展開しております。 陶芸や手工芸のカルチャー教室を開演しております。先生や スタッフがついておりますので、初めての方でも安心して行えます。
イラスト_おじいさん

1.リハビリ専門職による個別機能訓練

リハビリ専門職である理学療法士等が、その方に合わせたプログラムを作成し、目標や楽しみを持って 機能訓練に取り組めるよう支援してまいります。マシーントレーニングやエアロビ体操、マット体操 など運動プログラムの充実を図っております。

イラスト_リハビリ
リハビリ-img-1
マシーントレーニング
リハビリ-img-2
理学療法士による個別機能訓練
リハビリ-img-4
マット体操
リハビリ-img-3
理学療法士による個別機能訓練

2.個別レクリエーション

当事業所では、風船バレーや各種ゲームといった集団レクリエーションは行いません。 ご利用者様お一人おひとりの「個」を大切にしたプログラム展開を図っていきたいと考えております。

イラスト_囲碁
レク-img-1
囲碁クラブ
レク-img-4
裁縫クラブ
レク-img-3
書道クラブ
レク-img-2
絵画クラブ

3.カルチャー教室

当事業所では、専門講師をお招きしたカルチャー教室を行っております。フラワーアレンジメント教室や 陶芸教室、絵画教室、絵手紙教室、ちぎり絵教室など各種ご利用者様お一人おひとりの興味関心を大切に したプログラム展開を図っていきたと考えております。

イラスト_生花
リハビリ-img-1
パティシエ教室
リハビリ-img-2
フラワーアレンジメント教室
リハビリ-img-3
陶芸教室
リハビリ-img-4
絵画教室

アズハイム デイサービスでの一日の過ごし方(一例)


9:00
自宅から送迎車に乗ってに到着。今日は何をして過ごそうかな?
イラスト_送迎バス

9:30
ウェルカムドリンクを飲みながら、顔馴染みになった友人と会話。看護職員による健康チェックも行います。
イラスト_送迎バス

10:00
リハビリ専門職員による個別機能訓練を受け、マッサージ体操、マシーントレーニングとリハビリメニューを行う。
イラスト_送迎バス

11:00
汗もかいたので、そのまま大浴場へ。体の芯まで温まる。
イラスト_送迎バス

12:00
アクティブに動いたらおなかがすいた!温かいご飯とお味噌汁。あつあつの食事に舌鼓をうつ。
イラスト_送迎バス

14:00
エアロビ体操を終え、午後からのプログラム。今日のカルチャー教室は陶芸教室なので参加。先生に教わって世界に一つだけの作品づくりに満足。 カルチャー教室参加後は、仲の良い囲碁仲間と囲碁を楽しむ。
イラスト_送迎バス

15:45
おやつタイム。顔馴染みとなった方との会話が弾む。
イラスト_送迎バス

16:45
身支度を整えて帰路に着く。帰りも送迎車で自宅まで送ってもらう。充実した1日でした!
イラスト_送迎バス


デイサービス一覧

ショートステイ

これまでにないショートステイ誕生!

ショートステイ3つの特色

1.個別ケアの実践

1フロア制を導入し、見守りが行いやすい環境設定を行いました。プライバシー重視の完全個室となっております。
ご自宅とは違った環境においても、少しでも早く慣れて頂けるように個別ケアを実践して参ります。

2.イベントの充実

「楽しくなければサービスではない」を合言葉に、ご自宅とは違った活動プログラムを行い、ご利用者様お一人おひとりの「個」を大切にしたプログラム展開を図っていきたいと考えております。

3.リハビリ専門職による個別機能訓練

ケアマネージャー様やご家族様から、「ショートステイに長くいると体の状態が落ちて帰ってくる」といった声をお聞きします。
アズハイムのショートステイでは、ショートステイ利用期間中に体の状態の維持・向上が図れるように、楽しみながら継続して行える運動プログラムを行って参ります。
イラスト_おばさん

1.個別ケアの実践

「自宅が一番いい!」という思いには勝てませんが、「あのショートステイなら行ってもいいかな」 と思わせるような安心していただける事業所運営を目指します。1フロア制の特徴を活かし、個別ケアの実践を行います。具体的には消灯時間を設けない等、お一人おひとりのご利用者様の生活リズムに沿ったケアを目指します。
イラスト_ヘルパー
ダイニング-img-1
ダイニング
浴室-img-2
浴室
居室-img-3
居室

2.イベントの充実

当事業所では、ご自宅とは違った活動プログラムを充実させていきます。ショートステイ でのアクティビティはもちろん、通所介護を行っていない時間帯に1Fに降りて、マシーントレーニング やカラオケクラブ等のプログラムも行います。
イラスト_囲碁
レク-img-1
レク-img-2
レク-img-3
レク-img-4

3.リハビリ専門職による個別機能訓練

「楽しくなければサービスではない」を合言葉に楽しみながら継続して行える運動プログラムを実践して参ります。
イラスト_リハビリ
リハビリ-img-1
リハビリ-img-2
リハビリ-img-3

アズハイム ショートステイでの一日の過ごし方(一例)


11:00
自宅から送迎車に乗ってに到着。お部屋に案内され、 チェックイン。
イラスト_送迎バス

11:30
ウェルカムドリンクを飲みながら、看護職員による健康チェックも行います。
イラスト_送迎バス

12:00
温かいご飯とお味噌汁。アツアツの食事に舌鼓をうつ。
イラスト_送迎バス

14:00
リハビリ体操を終え、午後からのプログラム。今日は小物づくりクラブで、自宅 へのおみやげづくりを行う。

15:00
おやつタイム。顔馴染みになった方との会話が弾む。
イラスト_送迎バス

16:00
夕飯前にお風呂へ。個浴なので、ご自分好みのお湯加減。身体の芯まで温まる。
イラスト_送迎バス

18:00
夕食の時間。栄養価を考えたバランスの良い食事に満足。
イラスト_送迎バス

20:00
個室の部屋でのんびりTVを見て過ごす。
イラスト_送迎バス

22:00
トイレに行ったら、フロアーに職員がいた。職員とお茶を飲み談笑。
イラスト_送迎バス

23:00
いつもと同じ寝る時間なので、居室に戻り就寝。
イラスト_送迎バス

08:00
朝食の時間。みんなで「いただきます」を言うのも久しぶりかも。
イラスト_送迎バス

10:00
エアロビ体操を終え、チェックアウトの時間。身支度を整え、帰路につく。 帰りも自宅まで送ってもらう。あっという間の充実した1日でした!
イラスト_送迎バス


ショートステイ一覧