ホーム > アズハイムブログ > ホーム記事一覧 > 【AH南浦和】アズハイム南浦和を支えてく...

テレビアズハイムブログ ホームでの取り組み情報

 2020-10-30

【AH南浦和】アズハイム南浦和を支えてくれている、3名のスタッフをご紹介します!

今回は、埼玉県さいたま市南区にある介護付きホーム(介護付有料老人ホーム)アズハイム南浦和を支えてくれている、3名のスタッフにお話を聞きました。頼れるケアリーダー、そして新卒教育担当のトレーナーでもあるケアスタッフのご紹介です。

「どんなスタッフなのか?」
「どんなきっかけでこの仕事を目指したのか?」


など、このブログを通して、普段ご入居者の一番身近にいるスタッフのことを、少しでも皆さまに知っていただきたいと思っております。

厚美ケアリーダー。座右の銘は「1日1回笑顔!」。10月1日より、ケアリーダーに昇格しました!

埼玉県出身の厚美千代美と申します。
趣味は、ディズニーリゾートへ行くこと(ディズニー好きは、このことをイン・パークの略で「インパ」と呼ぶんですよ♬)、K-POP、ライブへ行くことです。
休日は、ゆっくりと家事をしたり、インパ、K-POP動画や韓流ドラマの鑑賞、ライブへ行く、などして過ごしています。

【なぜ介護業界に?】
自分自身の両親が年老いてきたこともあり、高齢者への接し方や考え方を知りたいと思いました。そのタイミングで、友人からこの仕事への誘いもあり、チャレンジしてみることにしました。そして、この仕事を始めて6年半になります。

{$block_img_1_alt}

【この仕事の魅力を教えてください】
なんと言っても、「ありがとう!」を言ってもらえた時ですね。アズハイム南浦和のスタッフは皆優しく、そこも魅力的です。
正直、辛い時もあります。良かれと思い介入しても、結果、ご入居者にとってはあまり良いことではなかった、ということがありました。この反省を踏まえて、それからは、よく考え観察してから行動に移すように心がけています。
将来の夢は、老後を健康に過ごすことです。

今月より、日々の頑張りが認められ、ケアリーダーとして頑張っていくことになりました。
困ったことが起きた時にうやむやにすることなく、皆で解決できるようにサポートしていけるようなケアリーダーになりたいですね。
他のスタッフも、皆真剣に頑張っています。
その頑張りを持って、昇格にチャレンジして欲しいですね。

伊藤ケアスタッフ。「学生時代のボランティアが、今の職へとつながりました。」

伊藤千花と申します。埼玉県出身で、入社して2年になります。
趣味は、海外旅行、散歩、ドラマをみることやお喋りです。
特技は、バスケットボールやダンス、スパイスの効いたカレーを作ることです。
休日は、友人と買い物に行ったり食事をしたりして過ごします。
将来の夢は、笑顔と愛嬌のあるおばあちゃんです。

【なぜ介護業界に?】
学生時代にフィリピンへ行きました。そこで福祉施設のボランティアをしたことが、この仕事へ興味を持ったきっかけとなりました。貧しくても、笑顔で「幸せだ」と話す現地の方を見て、日本で寂しさや不安を抱えている方、またはそのご家族に寄り添える仕事をしたいと思いました。

{$block_img_1_alt}

【この仕事の魅力を教えてください】
ご入居者とのちょっとした会話の中で笑顔を引き出せた時や、スタッフ同士でご入居者の微笑ましいエピソードを話す時などに、「この仕事をしていてよかったな!楽しいな!」と感じます。

ご入居者の体調の急変や精神的な寄り添いに難しさを感じることもありますが、笑顔や挨拶、ご入居者と少しの時間でもコミュニケーションをとるように心がけているところは、誰にも負けません!

まだまだ経験も浅く未熟ですが、スタッフ全員が生き生きと楽しく働けるようにサポートしあっていきたいと思います。
自分自身も成長していきながら、アズハイム南浦和に貢献できるように頑張ります!

市原ケアスタッフ。「体の使い方(ボディメカニクス)なら、誰にも負けません!」

市原直樹と申します。東京都出身、入社して4年になります。
趣味は、オートバイ、キャンプなどのアウトドア全般、海外旅行です。
休日は、ジム通いやツーリング、釣りなどをして過ごします。
将来の夢は、オートバイで世界一周です。

{$block_img_1_alt}

【なぜ介護業界に?】
人の支えになる仕事をしたいと思ったからです。就職活動前に、祖父の介護を間近で見てきました。その影響もあり、介護業界を希望しました。

【ボディメカニクスとは?】
「body=身体」と「mechanics=機械学」の造語で、人間が動作するときに骨、筋肉、関節が相互にどのように作用するかといった力学的関係を活用したものです。ボディメカニクスを活用すると、寝返り・移乗・歩行など、あらゆる場面で最小限の力で身体介助をすることができますので、介助する側・される側双方の身体的負担が軽減できます!

【この仕事の魅力を教えてください】
ご入居者が「市原さんでよかった!」とおっしゃってくださった時が、とても嬉しいですね。
不安なことがあればなんでも相談してもらえる、そんな頼りになる先輩になりたいです!

テレビアズハイム南浦和のブログ記事このホームの記事一覧

  • 【AH南浦和】アズハイム南浦和に、新ケアリーダー誕生!

    【AH南浦和】アズハイム南浦和に、新ケアリーダー誕生!

    詳細はこちら

  • 【AH南浦和】前月の記録を超えているのか!月に一度の、ドキドキの体力測定を行いました!

    【AH南浦和】前月の記録を超えているのか!月に一度の、ドキド...

    詳細はこちら

  • 【AH南浦和】今年の目玉企画「イベント食」にて、「大人のお子様ランチ」をご用意させていただきました♬

    【AH南浦和】今年の目玉企画「イベント食」にて、「大人のお子...

    詳細はこちら

テレビアズハイム南浦和インタビュー

アズハイム南浦和のご入居者インタビュー
ご入居者インタビュー
笑顔でいられるのはアズハイムのおかげです

井花富美子様(85才)アズハイム南浦和 2011年ご入居

詳細はこちら
アズハイム南浦和のご家族インタビュー

ご家族インタビュー

母が私たちにアズハイム南浦和の入居を勧めます

「介護のプロ」の応対がもたらしたご入居者様の心境の変化

詳細はこちら

アズハイム南浦和