ホーム > アズハイムを探す > アズハイム練馬ガーデン > メッセージ

介護付有料老人ホーム
介護付きホーム アズハイム練馬ガーデン

アズハイム練馬ガーデンからのメッセージ

「地域の方がふらっとお茶を飲みに来てくれる、そんなホームを目指しています。」

~地域に根差した介護付きホームを目指す~

最寄駅から徒歩4分のところにある介護付きホーム・アズハイム練馬ガーデンは、 2017年6月にオープンしました。 地域に根差した介護付きホームを目指しており、テラスのついたリビングダイニングでは、地域交流カフェなどのイベントも催されています。

四季を感じられる緑の空間

アズハイム練馬ガーデンにはいくつかの特徴があります。 まず一つが、テラスや屋上の緑あふれる空間です。
屋上には四季を彩る花壇があったり、野菜を栽培するためのスペースがあったりします。 手すりなどのリハビリのための設備も整っており、 清々しい空間でご入居者が時間を過ごすことができます。
そして、この心地よい緑の空間は、ご入居者だけでなく、地域の方々にもイベントを通じて開放しています。
寛ぎのひと時を過ごすことのできるカフェイベントや、 質の高い文化芸術に親しむことのできるイベントを計画中です。

最新の介護用ITシステム

二つ目の特徴が、ITシステム「EGAO link」を導入していることです。
このITシステムでは、ご入居者のベッドに設置されたセンサーが、 ご入居者の睡眠状況を感知し、スマホなどのモニターで確認することができます。
そのため、ご入居者の睡眠を妨げない形での夜間巡視を行うことができ、 満足度の向上につながっています。

地域の方々にはどのようにホームを開放していくのですか?

イベントを通じてホームを地域に開放したい

アズハイム練馬ガーデンのオープニングイベントで行った地域カフェを 定期的に催していきたいと思います。
これはホームのレクリエーションをお願いしている日比谷花壇さんとコラボしているものです。
地域の方に気軽にお茶を飲みに来ていただくことができて、好評だったと感じています。
今後は、普段なかなか触れることのできない音楽などの芸術のイベントも開催したいと思っています。

それから地域に必要とされているものとして、認知症カフェも構想しています。
今、認知症の方がどこにも外出する場所がなくて、 自宅に閉じこもりがちになっているという問題があります。
練馬区も例外ではありません。ホームで認知症カフェを開催すれば、 エレベーターなどの設備も整っているので、付き添いの方も安心です。
ご入居していただくかどうかではなく、 まずはホームを気軽にお茶を飲みに来られる場所にしたいです。

特徴的な屋上やテラスの空間は、どのように活用していく予定ですか?

身体と五感のリハビリに活用

ご入居者の方々は外の空気を吸って、リフレッシュする場所として活用されています。 屋上に出るという体を動かすきっかけをつくる ことは、体のリハビリにも役立ちますし、全身で季節を感じることは五感のリハビリにもなります。

さらに今後の活用としては、屋上に設置されているリハビリの設備を活かして、 機能訓練指導員によるリハビリも行っていく予定です。 また花壇や菜園もあるので、ゆっくりとご自身のペースで手入れの作業を行っていただき、 作業療法も行っていきたいと思っています。

これはもっと先のことになるのですが、屋上には看板を設置できるスペースがあるので、 昭和レトロな看板を掲げて、昔の記憶を思い出すリハビリのひとつ 「回想法」の場所としても活用していきたいと思っているところです。

食事の時間にこだわっていると聞きましたが、特徴を教えていただけますか?

食事に「選ぶ楽しみ」を

ホーム長 小川

大きな特徴として、一ヶ月に一回、セレクト食があります。
このときは魚料理か肉料理を、ご入居者が選ぶことができます。 アズハイムはホームのなかでの自由を大切にしています。 「食事もなんでも好きなものを」という風にはいきませんが、 「選ぶ楽しみ」を セレクト食で感じていただければと思っています。

また朝食は、毎日和食と洋食を選ぶことができます。 他のホームでは和食か洋食が選べたとしても、副食が同じということが多いようですが、 アズハイム練馬ガーデンでは、主食にあわせたそれぞれの副食をお出ししています。

ご入居者にとって三食の楽しみは、かなり大きなものです。 そのため厨房とのコミュニケーションは密に行っています。 要望があればその度に伝達していますし、 味・固さ・色合い・量などを毎食時チェックしています。

今後はどのようなホームにしていきたいと考えていますか?

帰ってきたらほっとするような場所

地域に根差した介護付きホームを目指していきたいと思っています。
だからこそ年代を問わず楽しめるイベントを開いて、 子どもたちにもたくさん来てほしいと思っています。

そうすれば子どもたちが大きくなり、ご両親の介護が必要になった時、このホームを一番最初に思い出してもらえると思っています。

地域の方々の生活のなかで慣れ親しんでいただくことが、 地域に根差すということではないでしょうか。
ご入居者にはアズハイム練馬ガーデンを、”家”だと思っていただきたいと思っています。

帰ってきたらほっとするような場所。

それは建物やシステムだけでなく、スタッフの質にかかってきているのだと思います。

閑静な住宅街にオープンしたアズハイム練馬ガーデンですが、 オープン前の地域カフェなどを通じて、徐々に認知が広まっています。

本文で触れたように、これからも様々なイベントを通じて、ホームを地域に開放していく計画です。
まずはお気軽にお越しいただき、ホームのことを知っていただければと思っています。

お近くのホーム

アズハイム文京白山

アズハイム文京白山

ご利用料金
プランA
入居金:0円
月額:505,000円
ご利用料金
プランB
入居金:1,560万円
月額:245,000円
所在地 東京都文京区白山4-36-13
アズハイム光が丘

アズハイム光が丘

ご利用料金
プランA
入居金:0円
月額:345,000円
ご利用料金
プランB
入居金:780万円
月額:215,000円
所在地 東京都練馬区谷原4-3-23
アズハイム大泉学園

アズハイム大泉学園

ご利用料金
プランA
入居金:0円
月額:325,000円
ご利用料金
プランB
入居金:660万円
月額:215,000円
所在地 東京都練馬区大泉町6-7-15