ホーム > アズハイムブログ > ホーム記事一覧 > 【AH中浦和】こどもの日が近づき、本日の...

テレビアズハイムブログ ホームでの取り組み情報

 2018-05-08

【AH中浦和】こどもの日が近づき、本日のお風呂は菖蒲湯にしました!皆さまゆっくりお風呂につかってくださいね☆

2018年5月4日、今日はこどもの日にちなみ、介護付きホーム(介護付き有料老人ホーム)アズハイム中浦和では、お風呂に菖蒲を浮かべて菖蒲湯にしてみました。
お風呂に放つと、菖蒲のさわやかな香りが立ち込めてきました!菖蒲の有効成分は主に根元のピンクの部分に多く含まれているようで、そこからの香りがひと際際立ちます☆大き目のお風呂なので、多めに投入してみました!
ご入居者の皆さまに行事を通して四季を感じていただき、ご自身の昔の思い出などを蘇らせながら、今日はゆっくりお風呂につかって頂きたいですね☆

皆さんは、なぜこどもの日に菖蒲湯に入るかご存知でしょうか?

{$block_img_1_alt}

現在、5月5日は「こどもの日」として親しまれ、兜や鯉のぼりを飾ったり、柏餅を食べたりして男の子の成長をお祝いする日となっています。
もともとこの日は五節句のうちの一つ「端午の日」であり、「端」は「はじめ」を意味します。5月の最初の「午(うま)」の日で「端午の節句」と言われ、「午(うま)」の読みが「ご=五」に通じるということで五月に定着したとも言われています。

そんな「端午の節句」で菖蒲湯が始まったのは、武家社会の頃と言われています。「菖蒲」が、「勝負」や「尚武(武芸に重きを置き、軍事を盛んにすること)」と音が同じことから縁起担ぎとして使われるようになりました。菖蒲の葉が剣先に似ているからという説もあります。
こうして、菖蒲湯は人々に親しまれてきたということです。

テレビ関連ブログ記事

  • 【AH中浦和】昔を思い出しながら、昔懐かしい様々な遊びに挑戦してみました♪

    【AH中浦和】昔を思い出しながら、昔懐かしい様々な遊びに挑戦...

    詳細はこちら

  • 【AH中浦和】射的とカラオケが人気の納涼祭♪スイカ割りは、皆本気で挑戦しました!

    【AH中浦和】射的とカラオケが人気の納涼祭♪スイカ割りは、皆...

    詳細はこちら

  • 【AH中浦和】紙芝居を読むことが好きなご入居者が、他のご入居者へ紙芝居を披露してくださいました☆

    【AH中浦和】紙芝居を読むことが好きなご入居者が、他のご入居...

    詳細はこちら

テレビアズハイム中浦和インタビュー

アズハイム中浦和のご入居者インタビュー
ご入居者インタビュー
入居して来年で10周年を迎えます

白子朝子様(78歳) アズハイム中浦和 2007年12月ご入居

詳細はこちら
アズハイム中浦和のご家族インタビュー

ご家族インタビュー

要介護の義母を最期まで支えた義父、離れて一人暮らしの義父が心配に

石田真紀子様(「アズハイム中浦和」にお義父様が入居)

詳細はこちら

アズハイム中浦和