テレビアズハイムブログ ホームでの取り組み情報

 2017-08-05

【AH町田】ホームの”歌のお姉さん”は週に1回、素敵な歌声と元気を届けて下さいます♪♪

「音楽セラピー(療法)」のレクリエーションを担当して下さっている高橋様
お友達がコーラスをやっていて東寺尾のデイサービスにボランティアで参加したのが介護付きホーム(介護付き有料老人ホーム)アズハイムとの出会いとのこと。私自身おばあちゃん子だったので楽しくやらせて頂いております!と。町田市根岸町にある町田のホームには約3年前から週に1度来て頂いているのでご入居者とも顔なじみです。

{$block_img_1_alt}

今日は28名参加(うち男性5名)されました。かもめの水兵さんから始まりました。水兵さんの敬礼方法も練習、ポーズを決めながら歌います。次に、人生並木路♪旅の夜風♪これを聞きたくって誰も銭湯に行かなかったとの説もありましたね。と小話を挟みながら進めます。次に誰が故郷を想いざる♪湯島の白梅♪

{$block_img_1_alt}

あの丘こえて♪上海帰りのリル♪君の名は♪高校三年生♪ああ上野駅♪セリフ部分はケアスタッフが大きな声で参加しました。四季の歌♪椰子の実♪全12曲。1時間はアッという間です。今日は特に男性のご入居者が元気に歌われていました。「懐かしいね」「歌はやっぱり良いね、元気になるよ!」と参加された方は口々にお話されます。

音楽療法は、音楽を聞いたり演奏したりする 際の生理的・心理的・社会的な効果を応用して、心身の健康の回復、向上をはかる事を目的としています。現在、高橋様にはAH横浜東寺尾、AH横浜いずみ中央、AH町田、AH川崎中央の4つのホームで実施頂いています。
「高橋様にとってこの時間はどんな時間ですか?」
私も元気をもらえるんです。おばあちゃん子だったので笑顔を見に来ているような感じです。ご自身のお母様も別の施設に入居されているとのこと。
週に1度は会いに行くんですが、なぜか母には色々と厳しく言ってしまうんです。と苦笑いの高橋様。ご入居者にとっては週に一度会いに来てくれる”娘”のような存在です。

{$block_img_1_alt}

音楽の高校を卒業された高橋様。音楽療法との出会いは病院の音楽療法に誘われたのがきっかけとのこと。歌うことで身体も心も元気になって欲しいと話します。終わった後はご入居者とのお話も欠かしません。「今日は大きな声で歌って下さっていましたね♪水兵さんのポーズも決まっていましたね!」「楽しかったよ。当時をたくさん思い出したよ。来週も待ってるね!」と来週の約束!

{$block_img_2_alt}

お話をする中で次回はこんな歌を歌いたい。などのリクエストをもらうことも良くあるとのこと。楽器を使ったり、今日みたいにポーズを取ったりして一体感を出すことも忘れないとのこと。「高橋先生の笑顔が好きでね!元気がもらえるのよ!」と「先週は風邪引いちゃって、皆にご迷惑だから参加できなくって、だから今日は楽しみにしていたのよ!」とご入居者のファンも多い、”歌のお姉さん”の高橋様★これからもよろしくお願い致します!