ホーム > ご家族インタビュー - アズハイム大泉学園

ご家族の本音 ご家族インタビュー

他ホームを見学してわかったミスマッチ
「アズハイムとの出会いは幸運でした」

父の有料老人ホーム入居を機に
家族の絆が一層深まりました
岡崎様(「アズハイム大泉学園」にお父様が入居)
転倒をくりかえす一人暮らしの父
きょうだい3人でのホーム探し

岡崎様は「アズハイム大泉学園」に住むお父様(82歳)のもとを毎週1回訪れます。そして、お父様が穏やかに過ごしている様子に「いいところに巡り会えた」と胸をなでおろします。
お父様は2016年10月に「アズハイム大泉学園」に入居するまで、港区にある自宅で一人暮らしをしていました。

続きを読む
岡崎様

母を亡くしてから、慣れない一人暮らしで父は大変だったと思います

かつてお父様はマスコミ関係の仕事で多忙を極め、家庭のことは奥様に任せきり。専業主婦の奥様が家事と育児のほとんどを担いました。子供が巣立ち、夫婦二人の生活となりましたが5年前に癌で奥様が他界。お父様にとって人生初の1人暮らしが始まりました。
岡崎様は兄2人がいる3人きょうだいです。長兄は仕事でアメリカに赴任、次兄は埼玉県に、岡崎様は東京都練馬区にお住まいです。岡崎様と次兄は、それぞれ週1回お父様のもとを訪ねましたが、二人の子を持つ母でもある岡崎様は大変だったと振り返ります。

岡崎様

長男には重度の知的障害があり、次男は幼稚園児。手が掛かる時期でバタバタでした

お父様は脊柱管狭窄症を患って手術をしましたが、その後もたびたび転倒するようになりました。ある日はマンションのエレベーターホールで転倒して救急車で運ばれ、またある日は「お風呂場で転んで肋骨を折ってしまった」と入院先から電話がありました。
そこで、お父様の今後についてきょうだい3人で話し合い「このままの状態で一人暮らしを続けるのは難しい」と、まずは介護保険サービスの利用を検討しました。ところがお父様は「リハビリは必要ない」と言い張り、デイサービスの利用も拒むのです。

岡崎様

父にやる気がないので、その時はあきらめました。それでも、その後も頻繁に転ぶようになったので『施設に入った方が安心じゃない?』と話していました

そんなある日、「本人はともかく、まずは施設がどのようなところかきょうだい3人で見学しよう」となりました。施設探しは長兄が率先して行いました。岡崎様と次兄の住まいから、場所は練馬区がよいと、長兄の帰国のタイミングで練馬区にある民間の介護付有料老人ホームを見学しました。そこは重度の介護状態の人を対象とした有料老人ホームでした。

岡崎様

もともと、老人ホームというものがわかっていなかったのですが、漠然と抱えていた病院のようなイメージに近くて『ああ、やっぱりこういう感じなのか、ここに入れちゃうのはかわいそう』と思いました

一通り見学をした後、岡崎様ごきょうだいは率直な感想を有料老人ホームの職員に伝えました。するとその職員が、「こちらでの生活はお父様には物足りないでしょう。もしよければ近くのアズハイムは元気な方が多いので帰りに寄ってみてはいかがですか」とアズハイムを教えてくれたのです。
岡崎様ごきょうだいはその日のうちにアズハイムを訪れました。その時の第一印象は、「エントランスからちがう!」でした。

岡崎様

アズハイムはマンションのようで内装もきれいでした。『こういうところもあるんだね』『ここならいいね』ときょうだい3人で顔を見合わせたことを覚えています。私たちには理想的なホームと感じました

アズハイムでは元気に外出をする入居者の姿も見受けられ、話し好きのお父様もここでの生活なら飽きないと感じたそうです。

岡崎様

きょうだいの誰もが父が老人ホームに入居することに抵抗はありましたが、それ以上に安心・安全が第一でしたから。とにかく見守りが欲しかったのです

お父様の説得は、主に長兄が担当しました。長兄の熱心な話に、お父様は「わかった、一度話を聞こう」と承諾してくれました。当時、岡崎様ごきょうだいが見学をしたアズハイムは満室だったため、近くにある「アズハイム大泉学園」の入居を検討することになりました。

シックで落ち着いた印象のエントランス
シックで落ち着いた印象のエントランス
アズハイムは「施設」ではなく「家(ホーム)」を目指す
アズハイムは「施設」ではなく
「家(ホーム)」を目指す

寝室で倒れている父を発見
自宅での生活を断念して施設入居へ

アズハイムでは、入居前にアズハイムの入居相談員とケアマネージャーによる「訪問面談」があります。入居を検討する本人とその家族を交え、身体状況や生活の様子、施設への要望などを、入居相談員とケアマネージャーがヒアリングをします。
訪問面談は9月15日。その日はお父様の誕生日で、岡崎様はケーキを買って早めにお父様のもとを訪れました。ところが、家にお父様の姿が見当たりません。寝室に入ると、そこにお父様の姿はなく、お父様の声だけが聞こえるのです。

岡崎様

父は、ベッドの後ろに倒れていました。意識はあるのですが動けない状態でした

岡崎様は、すぐにアズハイムの大友入居相談員に「父が倒れています。助けてください」と電話をしました。大友入居相談員は訪問面談でお父様のご自宅に向かう途中でしたが、「救急車を呼びましょう」とその場でアドバイスをしました。すぐに大友入居相談員も到着して、救急車で搬送されるまで岡崎様親子を見守りました。

岡崎様

父は意識こそありましたが搬送時はわけのわからないことを口にしていました。その様子に私もパニックになりました。大友さんが一緒にいてくださり心強かったです

「倒れた時期が真冬ではなくてよかったですね」と当時を振り返る大友入居相談員

「倒れた時期が真冬ではなくてよかったですね」と当時を振り返る大友入居相談員

岡崎様

私の長男が修学旅行に出かけていて、前夜『熱を出しているから迎えに来てもらわないといけない』といわれていました。翌朝、『熱が下がったから大丈夫』とのことで、予定通り訪問面談となりましたが、もし、訪問面談をキャンセルして私が行かなければ、父はどうなっていたことか。そういう意味ではラッキーが重なりました

お父様は搬送先の病院にそのまま入院。その時に「これ以上一人暮らしを続けることは無理だ」と皆が感じてアズハイムでの入居が決まりました。

父の近況はメールや電話でこまめに連絡
きょうだいの絆をより強く感じるように

「アズハイム大泉学園」での生活も、間もなく10カ月を迎えるお父様ですが、岡崎様には「アズハイムでの生活に不満はまったくない」とおっしゃるそうです。

岡崎様

父は、“人がいる安心”を感じているようです。暑くもなく、寒くもなく1日中快適に過ごせるといってくれます。なにより、強制的に何かをさせられるということがなく、父のペースで過ごせることがとてもいいですね。ストレスは感じていないと思います

「アズハイム大泉学園」では機能訓練指導員によるリハビリが行われており、お父様は個別リハビリサービスを受けています。

岡崎様

バランスの良い3度の食事と、歯科の診察が定期的にあるので安心です。父は髪を整えるのが好きで、こちらでカットをしていただけるのも良いですね。おかげさまで情緒面も安定しているように思います

このお父様の「アズハイム大泉学園」の入居をきっかけに、岡崎様はきょうだいの絆が強くなったと感じるそうです。

岡崎様

今回の一件で、私たちきょうだいは仲がいいなと感じました。アメリカにいる長兄が父の説得から事務的な手続きまでしてくれて一番大変だったと思います。もちろん、次兄も私も長兄と連絡を取り合いながらお互いにサポートしていましたが、きょうだい3人が互いに大変な思いを共有できたから、うまく乗り越えられたと思います

お父様の有料老人ホームへの入居を機に、離れて暮らすきょうだいが力を合わせ「家族の絆」を感じる岡崎様。お父様をともに、家族で出かける日を楽しみにしています。

アズハイム横浜いずみ中央での生活に「不満は何もない」とお母様
1階の喫茶コーナーは入居者同士や家族、知人との語らいの場です

アズハイム大泉学園のブログ記事

  • 【AH大泉学園】保育園児と一緒に、じゃがいも掘りをしました☆秋らしくなって来ましたね☆

    【AH大泉学園】保育園児と一緒に、じゃがいも掘りをしました☆...

    詳細はこちら

  • 【AH大泉学園】夏の暑さを吹き飛ばそう!皆さまが楽しみにされている夏恒例の納涼祭が行われました♪

    【AH大泉学園】夏の暑さを吹き飛ばそう!皆さまが楽しみにされ...

    詳細はこちら

  • 【AH大泉学園】オカリナ演奏会が開催され、素敵な音色に聴き惚れました☆

    【AH大泉学園】オカリナ演奏会が開催され、素敵な音色に聴き惚...

    詳細はこちら

アズハイム大泉学園インタビュー

アズハイム大泉学園のご入居者インタビュー
ご入居者インタビュー
挑戦する気持ちが大切です

髙橋ハツ子様(90才)アズハイム大泉学園 2015年ご入居

詳細はこちら

アズハイム大泉学園

アズハイム光が丘
アズハイム光が丘で暮らす両親、入居前に介護サービスを利用
両親ともに要介護、二世帯住宅での生活も限界に
石原澄子様のご両親が「アズハイム光が丘」に入居してから3年半が経ちます。澄子様は三姉妹のご長女。東京・練馬区の二世帯住宅で、澄子様ご夫妻とご長女、ご両親と暮らしていました。
「アズハイム光が丘」には、2013年10月にお母様、その1か月後にお父様が入居されました。
アズハイム東浦和
父にホーム入居をすすめたものの葛藤の日々
老々介護を10年続けた父。母の逝去で体調が悪化
さいたま市内に住むR・S様のお父様(76歳)が「アズハイム東浦和」に入居を開始したのは3カ月前のことです。お父様は信州の城下町・小諸市に生まれ、「アズハイム東浦和」に入居されるまで、小諸市内でお母様と過ごしていました。ところが、お母様は腎臓病を患い、週3回の人工透析が…
アズハイム横浜上大岡
持病を抱えながらの夫の介護「大変の一言に尽きます」
“スープの冷めない距離”での生活が転機に
「熟睡ができない生活が毎日続きましてね、『私、この先命があるかしら』と思いました」と、自宅でご主人の介護を続けてこられたB様が当時を振り返ります。ご主人が指定難病の大脳皮質基底核変性症と進行性核上性麻痺と診断されたのは平成27年6月のことです。…
アズハイム横浜いずみ中央
母の帰りたい場所が“アズハイム”になりました
インターネットで情報収集してホームを自己採点。「アズハイム横浜いずみ中央」との出会いはご縁です
牧内恭寛様のお母様(90歳)は、現在「アズハイム横浜いずみ中央」に入居されています。2年前に「アズハイム横浜いずみ中央」に入居するまでの12年間は、恭寛様の自宅近くの高層マンションで一人暮らしをされていました。…
アズハイム川崎中央
不安症で難聴の一人暮らしの母。日に日に増える娘への電話
体は元気。精神的に自立していたら一人暮らしを続けられたと思います
老いにともなう不安や焦燥感は程度の差こそあれ誰しも抱くものです。「アズハイム川崎中央」に住むM・M様のお母様は90歳を過ぎてから些細なことで不安になったり心配になったりといった傾向が強くなりました。…
アズハイム中浦和
要介護の義母を最期まで支えた義父、離れて一人暮らしの義父が心配に
2度の心臓手術を乗り越え積極的に生きるために
石田真紀子様のお義父様(88歳)は、2017年3月に「アズハイム中浦和」に入居しました。6年前にお義母様が亡くなり、お義父様は目黒区で一人暮らし、…
アズハイム三郷
リハビリときめ細やかなケアで母が元気を取り戻しました
手足が突然動かなくなり入院、老夫婦二人暮らしが困難に
千葉規恵子様のご両親は東京・足立区内でご夫婦二人暮らしをしていました。美容院を営んでいたお母様の吉田琴様(95歳)は…
アズハイム川越
“外出しやすい”自由度の高さも魅力。母娘で楽しむ外食ランチ
95歳まで自立した生活を続けた母、2度にわたる転倒・骨折で生活が困難に
「お母さん、ここだと自由がきくしいいわね」 傍らにいるお母様にそう語りかける鈴木啓子様。お母様は「アズハイム川越」で暮らし…
アズハイム南浦和
“ここはいいわよ”って、母が私たちにアズハイム南浦和の入居を勧めます
一人暮らしに不安を抱える母、地域包括支援センターに自ら相談
年を重ねるにつれ「それまでできていたこと」ができなくなる状況はストレスを抱えたりやる気や気力を失ったりする原因になります…
アズハイム横浜東寺尾
難聴で人見知りの母。ホームでの生活になじめるか不安でした
3時間置きに痛みを訴える母、娘二人での介護も疲労困憊
2011年2月、高松マツ様(当時95歳)は同居するご長男を急性心不全で亡くしました。母子二人暮らしで頼りにしていたご長男の…
アズハイム町田
近所に出掛けたまま戻らない妻
近くで鳴る救急車のサイレン
2013年8月、早めの夕食を終えた妻・定子様(73歳)が「近所のお友達と会って来る」と出掛けた日のことを安部一義様(76歳)が振り返ります。…