ホーム > ご家族インタビュー - アズハイム南浦和

ご家族の本音 ご家族インタビュー

アズハイムで暮らして6年の母
表情が明るく穏やかに変化

“ここはいいわよ”って、母が私たちにアズハイム南浦和の入居を勧めます
脇園哲郎様・岡本千佳子様ご兄妹(「アズハイム南浦和」にお母様が入居)
一人暮らしに不安を抱える母
地域包括支援センターに自ら相談

年を重ねるにつれ「それまでできていたこと」ができなくなる状況はストレスを抱えたりやる気や気力を失ったりする原因になります。
「アズハイム南浦和」で暮らす脇園節子様(93歳)は、2000年にご主人を亡くして以来、埼玉・狭山市のマンションで一人暮らしをしていました。
節子様は自立心がとても強く、炊事・洗濯・掃除などはすべてご自身でこなされていましたが、
ある日から一人暮らしの生活に不安を抱くようになりました。
そこで、地域包括支援センター(※以降:地域包括)に自ら足を運んで生活にまつわる相談をするようになりました。
その時の状況を長男の哲郎様が振り返ります。

続きを読む
哲郎様

ある日、銀行印をなくしたと言って地域包括の職員の方と半日がかりで探したことがありました。
結局、その時は見つからず『改印』の手続きをしようと、私も仕事を休んで銀行を何行か回り手続きをしました。
ところが、その晩、母から『哲郎、印鑑があった』との連絡。
それ以外にも、保険証をなくしたとか、ある日は夜遅くに妹の家を突然訪ねたりして大変な思いをしました」

千佳子様

電話もせずに夜中に母がやってきて、私の自宅の敷地で滑って転んでしまったのです。
1週間に1回は母の様子を見に実家を訪ねましたが、
冷蔵庫にはいくつもヨーグルトが並んでいたり、台所の火をかけたままでいたり、不安な点はいくつもありました

そしてある日、節子様と同じマンションの住人から、節子様が階段で転倒して血だらけになったという話を聞きます。
住人も節子様の1人暮らしを心配するようになり、千佳子様は、節子様の自宅をオール電化に変更しました。
それでも、節子様の様子は日増しに不安定になり、ちょっとしたことで節子様から電話が入るようになったのです。

千佳子様

ある日は、お米を計る計量カップがなくて困っているとか、電球を変えられないとか、
それまでの母なら対処できていたことができなくなっていたのです。
そうした日常の些細なことは連絡があるのに、
マンションで転倒して怪我をしたことは私たちには言わないのです

こうしたことが続き、地域包括の職員からは「介護施設への入所」を勧められました。
そこで紹介されたのが、現在入居している「アズハイム南浦和」の姉妹ホームである「アズハイム川越」です。
ところが、「アズハイム川越」はすでに満室でした。
当時、「アズハイム」は埼玉県内に4棟ありましたが(現在は、その後開設した『アズハイム三郷』を含む5棟)、
空室のある「アズハイム南浦和」を見学することとなりました。

「母とはしょっちゅうご飯を食べに出掛けます。焼き肉が好きなのよね」(啓子様)
「高齢者は自分一人でできてしまうと思い込んでしまいがち」と哲郎様(写真左)。
千佳子様(写真右)の自宅に突然母親が訪ねてくることもあったという。

“一時的な”体験入居からそのまま本入居へ
帰宅願望に悩まされた2年間

哲郎様

『アズハイム南浦和』のほかに、他の会社が運営する介護施設も1か所見学しましたが、『アズハイム南浦和』と比べると手狭でした。何より、雰囲気が良くないと母も感じたようです

当時、節子様が住むマンションでは大規模修繕工事がありました。
8月の暑い最中、エアコンを使えないという状況が2週間続くということから、
哲郎様は、「一時的な入居」という理由で節子様に「アズハイム南浦和」での体験入居を勧めました。

哲郎様

体験入居の気楽さもあって、修繕工事の間は一時的に避難したらっていったら母も『そうだね』と。ところが、2週間たつと『もう出たい』って。『まだ工事は終わっていないからもう少しいたらいいよ』というようなやり取りをして、体験入居からそのままこちらにお世話になりました

もともと、精神的に不安定な一面を持つ節子様は、60歳の頃、うつ病を発症して1カ月間、入院したこともあります。
人見知りの性格から、「集団の中に溶け込めない」といった不安もあり、哲郎様や千佳子様や「アズハイム南浦和」の職員に帰宅願望をぶつけるようになりました。
また、「アズハイム南浦和」の入居の際には、入居者は貯金通帳や現金をホーム内に持ち込めません。
そのため、哲郎様が預かることになりましたが、節子様は「息子たちが盗った」と妄想するようになったのです。

哲郎様

母の性格は興奮すると収まらなくなるタイプです。なだめるのも大変でした。年を取っても自分一人で生きていこうと思っていたのが、できないことが増えてしまって不安になる。だから、施設でお世話になった方がいいということも自分では理解しているつもりでも、いろんな人とやっていけるだろうか、やっていけるはずがないという葛藤があったのだと思うのです

こうした日が続いたある日、節子様は「アズハイム南浦和」の職員と一緒に、電車を乗り継いで1時間以上の場所にある節子様の自宅に一時帰宅しました。

千佳子様

本当は車で連れて帰ることもできましたが、自宅に帰ることの大変さを実感することができると電車で帰ることに。職員の方も『じゃあ一緒に帰りましょう』と言ってくださいました。自宅がどうなっているのか、確かめておきたかったのでしょう。2度ほど帰りましたが、その後は『もう疲れるからいいわ』と言うようになりました

長年、自分のペースで生活してきた人が住み慣れた我が家を離れ、新しい住まいで集団生活を始めることは節子様でなくともストレスを感じるものです。一般的に、老人ホームの入居者で帰宅願望を訴える人は少ならからずいます。

 哲郎様の妻

孝子様

義母は若い頃から、私たち子どもの世話にはならず、老後は老人ホームで生活するという人生設計があっていろいろと準備はしていたようです。ところが、いざその立場になると、不安が出てきてしまったようです

 

帰宅願望を口にする度に、「アズハイム南浦和」の職員は節子様とじっくりと向き合って対処しました。こうした「介護のプロ」の応対が節子様の心境に変化をもたらします。

哲郎様

年末に母から100回くらい電話がかかった日もありました。母は多くの人とコミュニケーションを取るタイプではないので、
不安だったのでしょう。自分の時間や空間が持てるのかという抵抗感があったと思います。
それでも1~2年を過ごすうちにだんだんと溶け込んできて、自分のペースで過ごせることに気づいたようです。
スタッフの方々も大変だったと思いますが、状況に応じた対応がプロなのでお任せしましたね。
今ではそんなこともあったなあと思い出すくらいです

節子様が60代のころからかかっていた精神科の病気。入居前はいくつものクリニックにかかり診察券も薬も大量にあったという節子様でしたが、現在は「アズハイム南浦和」の協力医療機関である「かたやまクリニック」の診断で処方された薬を服用しています。

哲郎様

かたやまクリニックの先生に診てもらってから母はすごく変わりました。いくつもの病院に通院したり、時には入院したりと長く患っていますが、良くなりました

千佳子様

母はあっちこっちの病院やクリニックに掛かっていたので診察券が束のようにありました。薬も何を飲んでいるかわからなくなります。母が勝手に判断してこの薬を飲まないってこともしていましたから。ここでは薬の管理もあるから安心です

ご親族4人で談笑されている様子。

左から、哲郎様の妻・孝子様、千佳子様の夫・祥太郎様、哲郎様、千佳子様

共有スペースで趣味や会話を楽しむ母
「母を導いてくれた」スタッフに感謝

節子様は、入居した当時は食事を終えるとご自分の部屋に戻り、趣味の読書や絵画を楽しんだり好きなテレビ番組を観たりといった生活をしばらく続けていました。 ところが最近は、他の入居者や職員が集まるダイニングで過ごす時間が増えたと言います。

千佳子様

最近母を訪ねると、居室ではなくダイニングにいることが多くなりました。折り紙をしたり塗り絵をしたりしながら、近くにいるスタッフと会話しています。もともと寂しがりの性格ではないのですが、今は人とのコミュニケーションを楽しんでいるようです

一昨年前に転倒してしまい、大腿骨骨折をした節子様は現在車いすの生活を送られています。日々の楽しみは入浴や週2回の訪問マッサージの時間。それ以外にも、『アズハイム南浦和』で行われるレクリエーションにも参加するようになりました。

哲郎様

近所の人ともあまり話さないような母でしたが、昔に比べるとだいぶオープンになりました。1月は入居者の皆さんや職員の方々と初詣に出掛けたようです

そうした節子様のご様子に「安心した」と話す千佳子様。節子様の表情も穏やかで明るくなったと言います。

孝子様

周りの方々にありがとう、ありがとうと言う母の姿をよく目にします。周りにずいぶん優しくなりました。スタッフの方々にはよくここまで導いてくださったとお礼を言いたいです

ご入居者様が描かれたピーターラビットのイラスト
節子様の自室に飾られた絵の数々。
すべて節子様が描いている

正月はアズハイムで。家族で集う至福の時
「こんなにいいところはない」と繰り返す母

車いすのご生活になる前は、正月になると家族でバイキングに出掛けることもあった節子様ですが、今年の正月は、「アズハイム南浦和」の一室を借りて、家族で新年を祝いました。

哲郎様

私たち兄妹夫婦と、私の娘とその孫と。お節などを持ち込んでにぎやかに過ごしました。母にとっても家族同士で食べられるのは楽しいでしょうしね

以前は、節子様による暴言や同じ話の繰り返しでついつい喧嘩になってしまったという哲郎様と千佳子様。 今では、節子様が繰り返す話に思わず笑みがこぼれます。

哲郎様

この2~3年の母は『こんなにいいところはないからあなたたちも“アズハイム南浦和”に入りなさい。あなたたちが優先的に入れるように話しておいてあげる』と言うようになりました

千佳子様

ここがいいから入りなさいって何度も同じことを繰り返しますね。私たちも高齢者ですから、考えなきゃいけないですね

最近、嚥下機能が衰えてきた節子様ですが、ホームでの食事を大変気に入っていらっしゃいます。この日のランチは、「日本全国駅弁巡り」と題したイベント食。ダイニングでは節子様が京都・嵯峨野の筍飯弁当を美味しそうに召し上がっていました。訪ねてきた息子夫婦、娘夫婦を見かけると満面の笑みで手を振る節子様は明るく輝いていました。

長男夫婦、長女夫婦、砂金ホーム長ともに。写真中央が節子様

長男夫婦、長女夫婦、砂金ホーム長ともに。写真中央が節子様

アズハイム南浦和のブログ記事

  • 【AH南浦和】スタッフがホーム玄関前のプランターの植え替え作業を行いました!共同作業でしっかりと終えることができました!

    【AH南浦和】スタッフがホーム玄関前のプランターの植え替え作...

    詳細はこちら

  • 【AH南浦和】2018年度は、「日本全国駅弁巡り」を開催します☆毎月一回、駅弁風昼食をご提供します!

    【AH南浦和】2018年度は、「日本全国駅弁巡り」を開催しま...

    詳細はこちら

  • 【AH南浦和】ご入居者10名とスタッフ2名で、「ミッケルアート」に取り組んでみました☆

    【AH南浦和】ご入居者10名とスタッフ2名で、「ミッケルアー...

    詳細はこちら

アズハイム南浦和インタビュー

アズハイム南浦和のご入居者インタビュー
ご入居者インタビュー
笑顔でいられるのはアズハイムのおかげです

井花富美子様(85才)アズハイム南浦和 2011年ご入居

詳細はこちら

アズハイム南浦和

アズハイム光が丘
アズハイム光が丘で暮らす両親、入居前に介護サービスを利用
両親ともに要介護、二世帯住宅での生活も限界に
石原澄子様のご両親が「アズハイム光が丘」に入居してから3年半が経ちます。澄子様は三姉妹のご長女。東京・練馬区の二世帯住宅で、澄子様ご夫妻とご長女、ご両親と暮らしていました。
「アズハイム光が丘」には、2013年10月にお母様、その1か月後にお父様が入居されました。
アズハイム東浦和
父にホーム入居をすすめたものの葛藤の日々
老々介護を10年続けた父。母の逝去で体調が悪化
さいたま市内に住むR・S様のお父様(76歳)が「アズハイム東浦和」に入居を開始したのは3カ月前のことです。お父様は信州の城下町・小諸市に生まれ、「アズハイム東浦和」に入居されるまで、小諸市内でお母様と過ごしていました。ところが、お母様は腎臓病を患い、週3回の人工透析が…
アズハイム横浜上大岡
持病を抱えながらの夫の介護「大変の一言に尽きます」
“スープの冷めない距離”での生活が転機に
「熟睡ができない生活が毎日続きましてね、『私、この先命があるかしら』と思いました」と、自宅でご主人の介護を続けてこられたB様が当時を振り返ります。ご主人が指定難病の大脳皮質基底核変性症と進行性核上性麻痺と診断されたのは平成27年6月のことです。…
アズハイム横浜いずみ中央
母の帰りたい場所が“アズハイム”になりました
インターネットで情報収集してホームを自己採点。「アズハイム横浜いずみ中央」との出会いはご縁です
牧内恭寛様のお母様(90歳)は、現在「アズハイム横浜いずみ中央」に入居されています。2年前に「アズハイム横浜いずみ中央」に入居するまでの12年間は、恭寛様の自宅近くの高層マンションで一人暮らしをされていました。…
アズハイム大泉学園
他ホームを見学してわかったミスマッチ「アズハイムとの出会いは幸運でした」
父の有料老人ホーム入居を機に家族の絆が一層深まりました
岡崎様は「アズハイム大泉学園」に住むお父様(82歳)のもとを毎週1回訪れます。そして、お父様が穏やかに過ごしている様子に「いいところに巡り会えた」と胸をなでおろします。…
アズハイム川崎中央
不安症で難聴の一人暮らしの母。日に日に増える娘への電話
体は元気。精神的に自立していたら一人暮らしを続けられたと思います
老いにともなう不安や焦燥感は程度の差こそあれ誰しも抱くものです。「アズハイム川崎中央」に住むM・M様のお母様は90歳を過ぎてから些細なことで不安になったり心配になったりといった傾向が強くなりました。…
アズハイム中浦和
要介護の義母を最期まで支えた義父、離れて一人暮らしの義父が心配に
2度の心臓手術を乗り越え積極的に生きるために
石田真紀子様のお義父様(88歳)は、2017年3月に「アズハイム中浦和」に入居しました。6年前にお義母様が亡くなり、お義父様は目黒区で一人暮らし、…
アズハイム三郷
リハビリときめ細やかなケアで母が元気を取り戻しました
手足が突然動かなくなり入院、老夫婦二人暮らしが困難に
千葉規恵子様のご両親は東京・足立区内でご夫婦二人暮らしをしていました。美容院を営んでいたお母様の吉田琴様(95歳)は…
アズハイム川越
“外出しやすい”自由度の高さも魅力。母娘で楽しむ外食ランチ
95歳まで自立した生活を続けた母、2度にわたる転倒・骨折で生活が困難に
「お母さん、ここだと自由がきくしいいわね」 傍らにいるお母様にそう語りかける鈴木啓子様。お母様は「アズハイム川越」で暮らし…