ホーム > ご家族インタビュー - アズハイム川越

ご家族の本音 ご家族インタビュー

“外出しやすい”自由度の高さも魅力。
母娘で楽しむ外食ランチ

私も友人も母の老後が目標です
鈴木啓子様(「アズハイム川越」にお母様が入居)
95歳まで自立した生活を続けた母
2度にわたる転倒・骨折で生活が困難に

「お母さん、ここだと自由がきくしいいわね」 傍らにいるお母様にそう語りかける鈴木啓子様。 お母様は「アズハイム川越」で暮らしています。啓子様の自宅は車で10分ほどの場所にあり、週1回お母様を訪ねています。

続きを読む
啓子様

母は都内で暮らしていましたが、1年程前から足元がおぼつかなくなりました

お母様の若山里子様(96歳)は長男家族との2世帯住居で暮らしていました。一つ屋根の下での生活ですが、ご自身のことはご自身でこなして自立した生活を送られていました。 里子様は3年程前からデイサービスや訪問介護サービス、宅配食を1日1食利用するなど、いくつかの介護サービスを組み合わせて過ごしていたそうです。 当時の啓子様は、今は亡きご主人が友人と興したアニメーションの美術会社に勤務。忙しい日々を送る中、土曜日はお母様の様子を見に川越の自宅から東京に通っていました。 こうして元気に過ごしていたお母様ですが、夜中に自宅で転倒して肩を骨折してしまい1か月の入院を余儀なくされました。

啓子様

退院後は川越にある私の自宅に母を連れて帰りました。4カ月ほど過ごしていたのですが母は『自分の家に帰りたい』と言って自宅に戻ることになったのです

こうして都内の自宅での生活を再開した里子様ですが、入院前に利用していた訪問介護サービスは、顔なじみの介護ヘルパーではなく別の担当者に変わりました。慣れない介護ヘルパーでは心配で、啓子様は毎日のように里子様を訪ねたそうです。

啓子様

私自身、後任ができたこともあり仕事は週1回~2回になった時期でした。入院前と同じ介護事業所でしたがケアマネジャーさんは一緒でも、介護ヘルパーさんは他の方を担当したり時間が合わなかったりで、別の介護ヘルパーさんがいらしてました。そんな母が心配で毎日通ったのです

ところが里子様を2度目の骨折が襲います。その日は弟様が近くで里子様の様子を見ていましたが、弟様がふと目を離したすきに、洗濯物を取り込もうとしていた里子様が転倒。しりもちをついて、仙骨、尾てい骨、恥骨と下半身の3か所を骨折してしまいました。

啓子様

病院では2カ月以上は入院できると聞いていたのに10日程でほかの病院を探してくださいと言われてしまいました。まさか私の母がそう言われるとは思っていなかったので戸惑いました。その後、別の病院に移りましたが、ホームページでは立派なリハビリ室もあってとても良い雰囲気でしたが、実際は寝たきりの人ばかり。母以外トイレに起きる人がいないしリハビリ室も誰一人使っていない、暗い雰囲気の病院でした

そんなこともあって退院を決意。里子様は自宅から接骨院に毎日通いました。その通院の甲斐もあって4カ月後には歩けるまでに回復されました。

啓子様

それでもこれからの生活に不安があったので、近所に住む私の友人から『アズハイム川越』を教えてもらいこちらでお世話になることになりました

啓子様は『アズハイム川越』のほかに、サービス付き高齢者向け住宅も見学しましたが、アパート式の住まいという印象で里子様には合わないなと感じたそうです。

啓子様

お部屋にはナースコールがついていますが母はボタンを押すことができません。それでもセンサーやスタッフさんが24時間いるので安心してお任せできます

かねてから啓子様親子は、里子様の将来の住まいについて話し合っており里子様ご自身が「ゆくゆくは老人ホームで生活をしたい」と希望していたそうです。 ところが、通院先の病院からそのまま弟様の運転で「アズハイム川越」に入居した里子様は、「遠くに連れてこられた」と不満を口にしたのです。

啓子様

その日は事故で高速が使えずに遠回りして『アズハイム川越』に到着しました。それもあって遠いところに連れてこられたと感じたのでしょう。母がしっかりしていた時から老人ホームへの入居については話していたのですが忘れてしまったようです。母は3日程とんがっていましたね

「アズハイム川越」の入居に際し、啓子様がこだわったポイントの一つが「自由に外出ができるかどうか」という点です。

啓子様

母はサバの味噌煮や塩焼きが苦手です。こちらでは食事メニューをあらかじめいただけるので、母が苦手なメニューの日は連れ出して外食を楽しみます。私としては土曜日が一番ゆっくりできるのですが、母の好物は土曜日に出ることが多いですね

「母とはしょっちゅうご飯を食べに出掛けます。焼き肉が好きなのよね」(啓子様)
「母とはしょっちゅうご飯を食べに出掛けます。焼き肉が好きなのよね」(啓子様)
「実家が魚河岸でしょう。お魚ばかりだったから」(里子様、写真右)

戦争も大水害も経験した気丈な母

若山里子様は魚河岸店で仲買を営むご両親の一人娘として東京・築地で生まれました。子供の頃は日比谷公園が遊び場で、銀座の道の真ん中をおままごとのゴザを引っ張りながら日比谷公園へ行くような元気な女の子だったそうです。 その後、ご主人と結婚して長女の啓子様を出産。戦況の悪化から里子様のお父様のご実家がある岩手・一関に2人で疎開しました。ご主人が戦争から帰るまで啓子様と一関で生活を続けましたが、1947年に「カスリン台風」、1948年には「アイオン台風」と一関地方は2年続けて大水害に見舞われました。

啓子様

当時私は4才。小高い場所に家がありましたが畳の縁から水が噴き出してきて。恐怖から私は泣き出しました。すると私を乗せた畳が船のように浮いたのです。ふもとにある本家や親せきの家々は屋根まで水に浸かる被害に遭いました

啓子様はそのときの里子様の気丈な様子も幼いながらはっきりと記憶しているそうです。

啓子様

母はタンスから衣類を出して風呂敷に包み川のように流れている道に足を取られながらも私をおぶって避難しました。自宅からさらに小高い場所に避難したのですが、見慣れたいつもの街並みが一面海のようになっていました

この2度にわたる天災はもうこりごりと里子様一家は東京での生活を再スタートしました。その後、次女、長男と子宝に恵まれ、朝早くから魚河岸で働くご主人とともに温かな家庭を築かれました。

啓子様

母は家事のほかに内職をしたりしてよく働いていました。私と妹の服はすべて母の手作りです。池袋駅前にあったキンカ堂に生地を買いに行ってはあんみつを食べて帰ったのも良い思い出です。半面、父は謡やビリヤードがとても上手な人でした

多彩な趣味を持つお父様と家事や育児に大忙しのお母様の様子を語る啓子様の傍らで、里子様は笑顔でこう話します。

里子様

好きなことをしてあんなに幸せな主人はいなかったと思いますよ。私も大事にしました

里子様のご主人は7年前に亡くなりましたが、車いすの生活を7年間続けていたそうです。当時80歳を過ぎていた里子様が、ご主人が乗る車いすを押して外に頻繁に出かけていました。

啓子様

母は父の面倒をすべて見ていました。車いすも私は上手に押せないのですが、母は慣れたもので父を連れてよく出かけていました。父はテレビが大好きで、囲碁、将棋、競馬、競輪、野球、サッカーとあらゆる番組を観ていました

こうして7年にわたり車いすのご主人の介護を続けた里子様ですが、里子様ご自身もくも膜下出血で倒れました。くも膜下出血により、脳にたまる水を逃がすシャント手術を経て元気に回復されたそうです。

啓子様

戦争をくぐっているから母は強いです。昨年は2度の骨折と転倒による怪我で3回も入院しましたが全部立ち直っています。回復も早くて医師からは『スーパーおばあちゃんだね』と言われたほどです。83歳まで私とイタリア旅行もした母ですから

「子供たちは皆優しいしこちらの職員の方も良くしてくれるから幸せです」(里子様)

「子供たちは皆優しいしこちらの職員の方も良くしてくれるから幸せです」(里子様)

目標は母。
95歳まで自立した生活が理想

同じ世代のご友人と、自分たちの老後について話をする機会が増えたという啓子様。95歳を過ぎて老人ホームでの生活を始めたお母様の老後が理想だと話されます。

啓子様

私の友人も近所の方も、『お母さんを目標にするわ』と言ってくださいます。介護サービスを利用しながらでも95歳まで自宅で頑張って生活して、95歳を過ぎたら老人ホームでの生活に切り替える。そうすると経済的にも計算がしやすいでしょう

「アズハイム川越」での生活もまもなく半年を迎える里子様。途中、冬物のコートを取りに里子様をともない都内の実家を訪れた啓子様はこの日の出来事を振り返ります。

啓子様

母と妹と私と3人で部屋にいたのですが母が3人分のお茶をお盆に乗せて歩いてきたのです。『危ない』って思わず大きな声を出してしまいました。母はなんでもできると思ってやってしまうのです。この時に、やっぱり一人で置いておけないなと思いました

里子様が「アズハイム川越」に入居された当初は毎日のように通った啓子様ですが、安心を得た今、1週間に一度お母様のもとを訪れて、外食を楽しんだり景色を見に出掛けたりするそうです。 これからは美しい桜の季節。幼い頃から見慣れた飛鳥山の桜を観にお母様と出掛けることを楽しみにされています。

「アズハイム川越」エントランスに飾られたひな人形を前ににこり
「アズハイム川越」エントランスに飾られたひな人形を前ににこり

アズハイム川越のブログ記事

  • 【AH川越】月に一度のお楽しみ♪フラワーアレンジメントが開催されました♪

    【AH川越】月に一度のお楽しみ♪フラワーアレンジメントが開催...

    詳細はこちら

  • 【AH川越】毎月開催している「オレンジカフェ」では、フラダンスショーが行われました!

    【AH川越】毎月開催している「オレンジカフェ」では、フラダン...

    詳細はこちら

  • 【AH川越】初めてのアニマルセラピーを実施しました☆可愛いワンちゃんたちに、笑顔がいっぱいの1日となりました♪

    【AH川越】初めてのアニマルセラピーを実施しました☆可愛いワ...

    詳細はこちら

アズハイム川越インタビュー

アズハイム川越のご入居者インタビュー
ご入居者インタビュー
100歳まで生きるのが目標です

田村徳様(89歳) アズハイム川越2012年 ご入居

詳細はこちら

アズハイム川越

アズハイム光が丘
アズハイム光が丘で暮らす両親、入居前に介護サービスを利用
両親ともに要介護、二世帯住宅での生活も限界に
石原澄子様のご両親が「アズハイム光が丘」に入居してから3年半が経ちます。澄子様は三姉妹のご長女。東京・練馬区の二世帯住宅で、澄子様ご夫妻とご長女、ご両親と暮らしていました。
「アズハイム光が丘」には、2013年10月にお母様、その1か月後にお父様が入居されました。
アズハイム東浦和
父にホーム入居をすすめたものの葛藤の日々
老々介護を10年続けた父。母の逝去で体調が悪化
さいたま市内に住むR・S様のお父様(76歳)が「アズハイム東浦和」に入居を開始したのは3カ月前のことです。お父様は信州の城下町・小諸市に生まれ、「アズハイム東浦和」に入居されるまで、小諸市内でお母様と過ごしていました。ところが、お母様は腎臓病を患い、週3回の人工透析が…
アズハイム横浜上大岡
持病を抱えながらの夫の介護「大変の一言に尽きます」
“スープの冷めない距離”での生活が転機に
「熟睡ができない生活が毎日続きましてね、『私、この先命があるかしら』と思いました」と、自宅でご主人の介護を続けてこられたB様が当時を振り返ります。ご主人が指定難病の大脳皮質基底核変性症と進行性核上性麻痺と診断されたのは平成27年6月のことです。…
アズハイム横浜いずみ中央
母の帰りたい場所が“アズハイム”になりました
インターネットで情報収集してホームを自己採点。「アズハイム横浜いずみ中央」との出会いはご縁です
牧内恭寛様のお母様(90歳)は、現在「アズハイム横浜いずみ中央」に入居されています。2年前に「アズハイム横浜いずみ中央」に入居するまでの12年間は、恭寛様の自宅近くの高層マンションで一人暮らしをされていました。…
アズハイム大泉学園
他ホームを見学してわかったミスマッチ「アズハイムとの出会いは幸運でした」
父の有料老人ホーム入居を機に家族の絆が一層深まりました
岡崎様は「アズハイム大泉学園」に住むお父様(82歳)のもとを毎週1回訪れます。そして、お父様が穏やかに過ごしている様子に「いいところに巡り会えた」と胸をなでおろします。…
アズハイム川崎中央
不安症で難聴の一人暮らしの母。日に日に増える娘への電話
体は元気。精神的に自立していたら一人暮らしを続けられたと思います
老いにともなう不安や焦燥感は程度の差こそあれ誰しも抱くものです。「アズハイム川崎中央」に住むM・M様のお母様は90歳を過ぎてから些細なことで不安になったり心配になったりといった傾向が強くなりました。…
アズハイム中浦和
要介護の義母を最期まで支えた義父、離れて一人暮らしの義父が心配に
2度の心臓手術を乗り越え積極的に生きるために
石田真紀子様のお義父様(88歳)は、2017年3月に「アズハイム中浦和」に入居しました。6年前にお義母様が亡くなり、お義父様は目黒区で一人暮らし、…
アズハイム三郷
リハビリときめ細やかなケアで母が元気を取り戻しました
手足が突然動かなくなり入院、老夫婦二人暮らしが困難に
千葉規恵子様のご両親は東京・足立区内でご夫婦二人暮らしをしていました。美容院を営んでいたお母様の吉田琴様(95歳)は…
アズハイム南浦和
“ここはいいわよ”って、母が私たちにアズハイム南浦和の入居を勧めます
一人暮らしに不安を抱える母、地域包括支援センターに自ら相談
年を重ねるにつれ「それまでできていたこと」ができなくなる状況はストレスを抱えたりやる気や気力を失ったりする原因になります…
アズハイム横浜東寺尾
難聴で人見知りの母。ホームでの生活になじめるか不安でした
3時間置きに痛みを訴える母、娘二人での介護も疲労困憊
2011年2月、高松マツ様(当時95歳)は同居するご長男を急性心不全で亡くしました。母子二人暮らしで頼りにしていたご長男の…
アズハイム町田
近所に出掛けたまま戻らない妻
近くで鳴る救急車のサイレン
2013年8月、早めの夕食を終えた妻・定子様(73歳)が「近所のお友達と会って来る」と出掛けた日のことを安部一義様(76歳)が振り返ります。…
アズハイム練馬ガーデン
今では毎日元気な妻の元に通っています
本人の自助努力の裏にはホームと家族の支えあいが
齋藤馨様の奥様である齋藤美智子様(87歳)がご自宅の近所である「アズハイム練馬ガーデン」に入居されたのは昨年の7月。娘様が離れた地域に住まい…