ホーム > ご家族インタビュー - アズハイム光が丘

ご家族の本音 ご家族インタビュー

アズハイム光が丘で暮らす両親、入居前に介護サービスを利用

両親ともに要介護
二世帯住宅での生活も限界に
石原澄子様(「アズハイム光が丘」に両親が入居)
「アズハイム光が丘」への入居をきっかけに、
在宅生活でギリギリの生活を続けるのではなく、
早めに老人ホームに住み替えたほうが良いのではないかと
思うようになりました。

石原澄子様のご両親が「アズハイム光が丘」に入居してから3年半が経ちます。澄子様は三姉妹のご長女。東京・練馬区の二世帯住宅で、澄子様ご夫妻とご長女、ご両親と暮らしていました。
「アズハイム光が丘」には、2013年10月にお母様、その1か月後にお父様が入居されました。

今年99歳になったお父様は96歳まで在宅で介護を受けていました。当時は澄子様のご長女が入浴介助をしたり、訪問介護サービスやデイサービスを利用したりして生活をしていましたが、いよいよ在宅での暮らしも困難になったとき、東京・町田に住む澄子様の妹様が「お父さんにいいホームがあるわよ」と提案。お父様は町田の有料老人ホームで1年間を過ごしました。

続きを読む
澄子様

在宅介護の厳しさを妹がよくわかってくれて。『お父さんを家で看るのはもう無理じゃない?』と言ってくれたのです。父が入居した町田にある他の有料老人ホームも妹が探してくれました。母は、父のいる大変さがわかっていたので反対しなかったですね。

アズハイム光が丘は自由で良いなと思います

お父様が入居した町田のホームは小規模でアットホームな雰囲気。近くに住む妹様は毎日お父様を訪ねたそうです。ただ、規則が厳しくて窮屈に感じることも多かったといいます。

澄子様

私が父の好物を持って行ってもホームで提供されるもの以外は口にしてはダメとホーム側で隠してしまいました。お腹を壊しているわけでもないのに、不満でしたね。父が一人でさみしいのではないかと、母も1週間ほど町田のホームに泊まってみたものの、『ここは嫌だ嫌だ』と言いましてね。

また、ある時は扇風機を持ち込んだところ別途費用を要求されることもあり、些細なこととはいえ不自由さを感じていたといいます。

澄子様

そういう経験もあったので、アズハイム光が丘は自由で良いなと思います。

デイサービスや訪問介護サービスを利用しながらも自宅で生活を続けていたお母様ですが、天疱瘡(てんぽうそう)に多剤耐性菌(たざいたいせいきん)を併発して、病院での入院・治療を余儀なくされました。

澄子様

2つの病院で約4カ月間入院したところ、せん妄(意識障害が起こり、頭が混乱した状態)の症状が出ました。
もともと不自由だった歩行もさらにひどくなり、しょっちゅう転ぶようになりました。そこで、入院中にホームを探し始めたのです。

練馬区内の老人保健施設と有料老人ホームを見学した澄子様ですが、「アズハイム光が丘」はご近所の方が入居していたこともあり「とてもいいホーム」と評判を聞いていたそうです。
大切な親のことですから、子供はそれぞれの立場で親のことを考え、どんなに仲の良いきょうだいでも時には意見の衝突もあるものです。
同居している澄子様だからわかることや感じること、所帯を別にする次女の妹様、遠く海外に離れて住む三女の妹様とでは姉妹とはいえ考えが異なることもあります。そこで、澄子様はお母様のお身体の状態や生活の様子をつぶさに記録して、有料老人ホームへの入居を決断するまでの経緯を妹様に説明されたそうです。 一方、お母様ご本人は入院前に大切にしていたものを誤ってゴミと一緒に捨ててしまったことで自信をなくし、さらに入院中は歩行が困難になったこともあり、「諦め」の境地で入居を決意したのではないかと振り返ります。
入居当時のお母様は、せん妄の症状があり「夜になると猫が来る」といったことを口にしたそうです。ただ、2カ月もすると落ち着いてせん妄もほとんどなくなりました。

お気に入りのセーターは買い物レクでお母様ご自身が選んだもの
お気に入りのセーターは買い物レクでお母様ご自身が選んだもの

穏やかに暮らす両親の姿に少し不自由になったら早めにホームへの入居をと思うまでに

コーラスの仲間に会える楽しみもあるようです

アルト歌手の澄子様は練馬区と杉並区でコーラスを主催しています。ボランティアで施設での音楽会を開くこともあり、「アズハイム光が丘」でも数回、音楽会を開催しました。

澄子様

流行歌やナポリ民謡などを歌いますが、時折、他の曲をリクエストされることもあります。自然と口ずさめるような、ノリのよい曲が好まれますね。

プロだからこそ準備と練習に妥協のない澄子様。突然のリクエストには「次回までに練習しますね」とお答えになるそうです。音楽会にはご両親が参加され、最前列で楽しまれます。

澄子様

コーラスの仲間には、母も知っているご近所の方もいましてね。その方たちに会える楽しみもあるようです

コーラス活動を精力的にこなす澄子様は現在70歳。まだまだお元気ですが、いつかは自分も介護と向き合う時がくると考えます。ご両親の「アズハイム光が丘」への入居をきっかけに、在宅生活でギリギリの生活を続けるのではなく、早めに老人ホームに住み替えたほうが良いのではないかと思うようになりました。

澄子様

ご飯を作るのが億劫になったとか、生活に不便を感じるようになったら老人ホームに早めに住み替えた方が良いと思いますね。
今日は体調が良いから映画を観に行こうとか“遊びの部分”を持ちたいです。アズハイム光が丘ではそういう生活ができますから

老人ホームの検討には身近なところでの体験がお勧め

また、ご自身の経験から、施設を利用する前に“体験すること”が大切だと考えます。

澄子様

父は有料老人ホームに入居する前に老人保健施設に体験入所をしたことがあります。辛かったのか、3日間の体験入所の初日に帰ってきてしまいました。
“ああこれではだめだなあ”と思ったものです。その経験があるので“それならここならどう?”って他を勧められました。これから老人ホームを検討する方々には、身近なところで体験をしてみることをお勧めしたいですね

「アズハイム光が丘」に車で15分の場所に住む澄子様は、1週間に最低1回は必ずご両親を訪ねます。

澄子様

些細なこともきちんと対応してくれるのでありがたいです。日頃、細やかに対応をしていただいていますが、時々、父の爪の長さとか気になる事があった時、こちらのケアマネージャーさんに話すとすぐに対応してくださいます。話しやすい雰囲気だから要望を伝えやすいですね

「アズハイム光が丘」は24時間いつ行ってもいいというオープンな態勢
「アズハイム光が丘」は24時間いつ行ってもいいというオープンな態勢

車いすの生活を続けているお母様ですが、車いすのブレーキをかけ間違えてしまい、転倒することもありました。その時も「アズハイム光が丘」からすぐに報告があったといいます。

澄子様

もういいですよっていうくらいつぶさに連絡をくださいます。こういうことがあったけど知らなかったなんてことは一つもありませんね

この日も、澄子様の訪問を心待ちにしていたご両親。澄子様が手土産のお菓子を手渡すと、お母様から満面の笑みがこぼれました。

澄子様

母にはおしゃべりをするお友達もできて、年を経るごとにここはいいよと言ってくれます。本当によかったと思いますね

澄子様親子にとって、心穏やかに安心の生活が送れる場となった「アズハイム光が丘」。この安心の生活も、ホーム側とご家族との緊密なコミュニケーションで築いた「信頼関係」の上に成り立ちます。

アズハイム光が丘のブログ記事

  • 【AH光が丘】すっかり秋めいてきた今日この頃、納涼祭を行いました!

    【AH光が丘】すっかり秋めいてきた今日この頃、納涼祭を行いま...

    詳細はこちら

  • 【AH光が丘】9月のラウンド研修は、介護過程の理解・虐待防止です。

    【AH光が丘】9月のラウンド研修は、介護過程の理解・虐待防止...

    詳細はこちら

  • 【AH光が丘】新しいリハビリメニュー、「ミュージックフィットネス」を行いました☆

    【AH光が丘】新しいリハビリメニュー、「ミュージックフィット...

    詳細はこちら

アズハイム光が丘インタビュー

アズハイム光が丘のご入居者インタビュー
ご入居者インタビュー
入居後に知ったアズハイムとの縁

宇野精二様(90才)アズハイム光が丘 2011年ご入居

詳細はこちら

アズハイム光が丘

アズハイム東浦和
父にホーム入居をすすめたものの葛藤の日々
老々介護を10年続けた父。母の逝去で体調が悪化
さいたま市内に住むR・S様のお父様(76歳)が「アズハイム東浦和」に入居を開始したのは3カ月前のことです。お父様は信州の城下町・小諸市に生まれ、「アズハイム東浦和」に入居されるまで、小諸市内でお母様と過ごしていました。ところが、お母様は腎臓病を患い、週3回の人工透析が…
アズハイム横浜上大岡
持病を抱えながらの夫の介護「大変の一言に尽きます」
“スープの冷めない距離”での生活が転機に
「熟睡ができない生活が毎日続きましてね、『私、この先命があるかしら』と思いました」と、自宅でご主人の介護を続けてこられたB様が当時を振り返ります。ご主人が指定難病の大脳皮質基底核変性症と進行性核上性麻痺と診断されたのは平成27年6月のことです。…
アズハイム横浜いずみ中央
母の帰りたい場所が“アズハイム”になりました
インターネットで情報収集してホームを自己採点。「アズハイム横浜いずみ中央」との出会いはご縁です
牧内恭寛様のお母様(90歳)は、現在「アズハイム横浜いずみ中央」に入居されています。2年前に「アズハイム横浜いずみ中央」に入居するまでの12年間は、恭寛様の自宅近くの高層マンションで一人暮らしをされていました。…
アズハイム大泉学園
他ホームを見学してわかったミスマッチ「アズハイムとの出会いは幸運でした」
父の有料老人ホーム入居を機に家族の絆が一層深まりました
岡崎様は「アズハイム大泉学園」に住むお父様(82歳)のもとを毎週1回訪れます。そして、お父様が穏やかに過ごしている様子に「いいところに巡り会えた」と胸をなでおろします。…
アズハイム川崎中央
不安症で難聴の一人暮らしの母。日に日に増える娘への電話
体は元気。精神的に自立していたら一人暮らしを続けられたと思います
老いにともなう不安や焦燥感は程度の差こそあれ誰しも抱くものです。「アズハイム川崎中央」に住むM・M様のお母様は90歳を過ぎてから些細なことで不安になったり心配になったりといった傾向が強くなりました。…
アズハイム中浦和
要介護の義母を最期まで支えた義父、離れて一人暮らしの義父が心配に
2度の心臓手術を乗り越え積極的に生きるために
石田真紀子様のお義父様(88歳)は、2017年3月に「アズハイム中浦和」に入居しました。6年前にお義母様が亡くなり、お義父様は目黒区で一人暮らし、…
アズハイム三郷
リハビリときめ細やかなケアで母が元気を取り戻しました
手足が突然動かなくなり入院、老夫婦二人暮らしが困難に
千葉規恵子様のご両親は東京・足立区内でご夫婦二人暮らしをしていました。美容院を営んでいたお母様の吉田琴様(95歳)は…
アズハイム川越
“外出しやすい”自由度の高さも魅力。母娘で楽しむ外食ランチ
95歳まで自立した生活を続けた母、2度にわたる転倒・骨折で生活が困難に
「お母さん、ここだと自由がきくしいいわね」 傍らにいるお母様にそう語りかける鈴木啓子様。お母様は「アズハイム川越」で暮らし…
アズハイム南浦和
“ここはいいわよ”って、母が私たちにアズハイム南浦和の入居を勧めます
一人暮らしに不安を抱える母、地域包括支援センターに自ら相談
年を重ねるにつれ「それまでできていたこと」ができなくなる状況はストレスを抱えたりやる気や気力を失ったりする原因になります…
アズハイム横浜東寺尾
難聴で人見知りの母。ホームでの生活になじめるか不安でした
3時間置きに痛みを訴える母、娘二人での介護も疲労困憊
2011年2月、高松マツ様(当時95歳)は同居するご長男を急性心不全で亡くしました。母子二人暮らしで頼りにしていたご長男の…
アズハイム町田
近所に出掛けたまま戻らない妻
近くで鳴る救急車のサイレン
2013年8月、早めの夕食を終えた妻・定子様(73歳)が「近所のお友達と会って来る」と出掛けた日のことを安部一義様(76歳)が振り返ります。…
アズハイム練馬ガーデン
今では毎日元気な妻の元に通っています
本人の自助努力の裏にはホームと家族の支えあいが
齋藤馨様の奥様である齋藤美智子様(87歳)がご自宅の近所である「アズハイム練馬ガーデン」に入居されたのは昨年の7月。娘様が離れた地域に住まい…