機能訓練指導員 O.Y

介護の仕事を始めたきっかけ

回復期リハビリ病院で5年間勤務していました。病院では運動療法を研鑽しつつ、退院後の患者様を対象に調査・研究を行い、動態を把握していました。患者様の幸せを追求し、リハビリでどのように貢献できるかを考え行動してきました。
介護業界に行こうと決めたのは、調査研究によって知り得た知識・実態を基に、在宅・地域で生活する方のために、どのような身心の機能・能力が重要なのかを経験知としたかったからです。またそれが理学療法士として必要不可欠な経験知であると考えたからです。 。

アズパートナーズに入社したきっかけ

回復期病院退職間際からフェルデンクライス・メソッドという人のからだの動きをより豊かにするための技術を学びに4年間国際認定校(合計960時間)へ通うことを決意していました。4年間要するため、その期間は在宅生活リハを経験するため、整形外科、デイサービスのリハビリを経験しました。その後有料老人ホームを経験しようと思い、探していた時、近所でオープンしたばかりの有料老人ホーム(アズハイム横浜いずみ中央)を見つけたのが、アズハイムを知ったきっかけです。
私が勤務していますアズハイム横浜いずみ中央は、大正ロマンをモチーフにした外壁が漆喰仕上げの木造建築です。面接時とてもおしゃれで綺麗であるところに魅力を感じました。またホームを見学したときに「この環境で生活する人を支援したい」「“家”という環境に直接入り、自分のリハビリがどこまで通じるか挑戦したい」と思える環境と静かで落ち着いた雰囲気を感じました。その時に面接でお話しさせていただいたホーム長の人柄にも感銘を受け入社を決めました。

アズパートナーズの仕事はいかがですか?

現在のホーム長やチーフはじめスタッフの方々と一緒に毎日充実して仕事できています。お客様のその人らしさを楽しく支援するよう方向性が一致していますし、お客様がリハビリでできない事ができるようになったり、日々楽しそうにしている姿を見られたりすると、一生懸命仕事して良かったと思えています。

見学のご予約、資料請求、お問い合わせはこちらよりお気軽に。

お電話でのお問合わせ