ご入居者様インタビュー

花々や野菜を慈しむ日々「人生、楽しまなくちゃ」

肺炎の悪化から生死を彷徨った入院生活
生活不安から始めたアズハイム町田での暮らし

 「ヘラに始まりヘラに終わる」という魚釣りの世界。幼少の頃に、ご祖父様に連れられて教わった「ヘラブナ釣り」で魚釣りに魅了され、成人してからは海釣り専門で朝早く起きては釣り船に乗り、大物を釣りあげてきた小川和義様。2016年2月に「アズハイム町田」に入居されるまでは、元気に海釣りに出掛けては、船上で釣ったばかりの魚をご自身でおろし、その場で食べる「海の男」さながらの時間を過ごされていました。釣った直後の魚の美味しさは格別で、「これを知ってしまうとなかなかやめられない」と饒舌にお話しされます。
 小川様は昭和22年、東京・狛江市にお生まれになり、5人きょうだいの3番目として元気に成長されました。近くを多摩川が流れ、幼少時はご祖父様から魚釣りを習ったそうです。
 「多摩川は水がきれいでね、鮎もたくさん釣れました。投網もやったなあ。うまく広がらなくて、これが難しいんです」(小川様)

 イキイキと話す小川様ですが、いつものように魚釣りに出掛けて帰ってきた直後、肺炎にかかりました。不調を感じながらも病院に行かず、悪化させてしまったそうです。
 「病院で診てもらったら即入院となりました。レントゲンを見た医師からは“1週間遅れていたら手遅れになっていた”といわれました」(小川様)
 それまで独身で過ごされていた小川様ですが、小川様の退院後の生活を心配したごきょうだいが「アズハイム町田」での入居をおすすめになったそうです。先日はお兄様のお子様とお孫様が小川様を訪ねてこられ、お身内同士、楽しい時間をお過ごしになられました。

 「アズハイム町田」は開設から間もなく3年目を迎えます。清新さがのこる建物に、小川様も初めてこちらを訪れたとき「立派だなあ」と感想を抱かれたそうです。「アズハイム町田」に入居後は、寝具が敷布団からベッドに変わりましたが、居室での住み心地もよく、快適に過ごされているそうです。
 「今はすこぶる調子がいいですよ。こちらの朝昼晩の食事が楽しみでね。美味しくてみんないただきます。足りないくらいですよ」(小川様)
 ホームでの生活の楽しみの一つである食事。「アズハイムシリーズ」では、ホーム内にある厨房で調理人が調理。作りたての温かいお食事を食べることができます。それぞれのご入居者の身体の状態に合わせた食事形態や、治療食の対応もするなど、きめ細やかな対応に定評があります。

梅原ホーム長と呼吸もぴったり。笑いが絶えません

皆がよろこぶガーデニング
野菜を育て、味わう楽しみも

 ホームを訪れる人々に「こんにちは」と明るく声を掛ける小川様は「アズハイム町田」のムードメーカーでもあります。
 「(小川)和義さんはとても優しいご性格です。敷地内の花壇は和義さんがきれいに整えてくださいました。和義さんがいらっしゃるからお花がずっと咲いているんです」(梅原真寿美ホーム長)
 入居以前は自宅の庭でガーデニングをしていたという小川様ですが、「アズハイム町田」での生活をスタートさせて間もなく、職員から「ガーデニングをやらないか」と声を掛けられたのがきっかけで、花や野菜を育て始めました。
 明るい陽ざしが心地よい中庭には、小川様が丹精込めた花々や野菜が生き生きと育っています。取材は11月中旬。この時期に強いパンジーやビオラのほかに、ミニトマトも実をつけていました。
 「夏は枝豆がたくさん採れましてね。調理場の職員が調理して、皆でいただきました。美味しかったですよ。和義さん、その節はありがとうございました」(梅原ホーム長)

 小川様にとって毎日の楽しみが「アズハイム町田」でのガーデニング。釣りをしていた習慣からか、朝4時、5時には目が覚めてしまうという小川様。早朝、花壇に出て水をやり、夕方も水をやるなど、土が乾かない程度の絶妙の水やりで花や野菜を育てています。
 「土を耕し、種をまき、芽が出てきたら植え替えをして花が咲き、実がつく。かわいいものですよ。毎日花を見ていると、“こんにちは”って花が声を掛けてくるようです。花も育てている人がわかるのかな」(小川様)
 葉牡丹を指さし、だんだんと大きくなっていく様子が楽しみだと語る小川様。9月に種まきをした葉牡丹も、クリーム色、ピンク色と色づき、ふくよかな姿に成長中です。
 ご入居者、職員、そのご家族などこちらを訪れる人々の目を楽します小川様が手掛ける花壇。イチゴも小さな実をつけ始め、収穫して皆にふるまう日も間もなくです。
 「人生楽しみがなくちゃ生きていかれないよ。次なにを植えようか、なにをやろうかって考えている。梅原さんも一緒に考えてね」(小川様)
 そう明るく笑顔で話す小川様のお姿に、周囲の人も自然と笑顔がほころびます。

小川様が愛で育てた花々や野菜は多くの人を喜ばせています。

見学のご予約、資料請求、お問い合わせはこちらよりお気軽に。

お電話でのお問合わせ